「また来るね!」
と言っておきながら
なかなか行けないまま年月が過ぎてしまうというのは
よくあることだ


”また行く”という行為は
とてもエネルギーが必要だと思うし
(最初はいいんだよね、勢いもあるし)

そもそも来てほしいと思ってもらえなければ
行くことすら出来ないわけだから

今年また去年出会った人たちに会いに行くということは
僕の中でとても重要だったし

実際に行けたことは
自分の中のとても大切な経験として刻まれたはずだ

(2回行ければもうあとは3回も4回も変わらずずっと行けると思う)

というわけで行ってきました
八戸、宮古

IMG_8074












八戸のみんなの歓迎が嬉しかったねぇ
そらもう気合い入りますよ

IMG_8064











一生懸命歌って弾いて

IMG_8065






去年もお世話になった八戸の由美さんは
今年は宮古までついてきてくれて

IMG_8126






宮古では会場入り口にエゴッタマングループののれんがかけられていて
もう驚きと嬉しさで何とも言いようがない気持ちになりました

ホント密度が濃い時間を過ごさせてもらいました

音楽を鳴らし続ける意味なんて
ほとんど考えても意味のないことだけど

こうやって自分の音楽を待っていてくれて
それを通じて人と知り合って仲良くなって
いろんな話をして

それだけで十分だよね

少しずつ少しずつ
自分が鳴らす音楽で人々を楽しくさせている実感がね

僕の勘違いじゃなければ(笑)
きっとそういうものがカタチとして
僕の目には映っていた

そんな八戸、宮古でした
本当にありがとうございます

IMG_8097









道中津波で襲われたたくさんの町並みを見ながらの旅だった
こんなところまで浸水したのかって驚かされたり
まだまだ復興は始まったばかりだったり

もう7年、まだ7年

IMG_8146












津波の被害が特に大きかったと言われる陸前高田市にも立ち寄ってきた
爪痕、というレベルではなかった

ひとつの町がさっぱり消えてなくなってしまっていた

東京オリンピックに向けて建設中の巨大な国立競技場の予算を
少しでもこちらに廻せればよかったのに

そんなことをやはり考えてしまう

もちろん今さら東京オリンピック開催に対して
水を差すつもりは毛頭ないし

そこを目指して日々鍛錬しているアスリートの人たちのことは
心から応援している

自分が生きているうちには
おそらく二度と母国でオリンピックが開催されることはないだろうし

成功を信じて日夜働き続けている人もたくさんいるだろう

だけど・・・

いろいろ感じて考えた
”現場”を目に焼き付けておきたくて
今回の移動手段は全行程車にして良かったと思う

西日本の豪雨被害も深刻だし
移住した知り合いも被災した

日本全国どこに住んでいても
もう安心安全なんて言ってられないのかもしれない

旅先で出会った人々の幸せと健康
そして再会できることを心から祈るばかりです

人ひとりに出来ることなんて限られている
ただ日々を生きる

それだけです

”声にならない叫びをあげても
届かない祈りはまだ
それでもまた祈るよ”

Find a way