2010年03月

いなくなったぁぁぁぁぁxxxx!!!!

今朝職場についてパソコンを開いて驚いた!

サーバーに保管してあるオレの大事な大事なフォルダがほとんどいなくなってる!!

売上管理台帳やら
物件管理台帳やら

どこ行ったんじゃー!


あぁぁぁぁ
今日で3月も終わりなのに
年度末なのに

明日から娘たちは保育園なのに・・・

終わった
すべてが終わった

データが全部消えてしもた
あぁぁぁぁ

一通りジタバタして
ネットワークに依存している社会と自分にひとしきり怒りをぶちまけて
ここ最近バックアップをとるのをサボっていた自分にもう一度怒りをブチマケタ

「落ち着きなさい!」

天から声がしたので
落ち着いて
時間をかけて
残っているすべてのフォルダをひとつひとつ開いてみた
とりあえずどこになにかきっかけはないかと

すると・・・

全然関係ないフォルダにオレのフォルダがまるごと移動していた
しかも普段全然使ってないフォルダに
なんで??
こういうことあるの??

ネットで調べてみたけど
マウス不良とか偶然とか
故意もしくは悪戯とか

けど
ウチの会社は社長含めて3人だよ
今朝は社長はいなくて
もう一人の後輩社員も自分のフォルダが見つからないと慌てていたから

犯人は・・・社長か??

いやそんなはずはない
あの人はパソコンにめっぽう弱い
そんなことできるはずがないし
そんな発想に行き着くはずもない

誰かがウチの会社のネットワークに侵入したのか
そうなると怖い

しかもイタズラ目的となるとムカツク


犯人見つけたら
ブっ飛ばしてやるからな!

とりあえずバックアップとろう。。。
でもなんでだろ?
こんなこと初めてだ・・・



5years

道玄坂のロックバー
渋谷ガビガビが5周年を迎えた

ガビガビ1












おめでとうございます!

ガビガビ2












いつも遊ばせてもらってありがとうございます!

ガビガビ3












オーナーの千葉さん
これからもがんばってください!

拳太郎、ルーザーズ、OK横丁、CHIXTAKE、オサムくん、キャリー、コバーン、ナンシーさん、ミナミさん、7.coさん、banchan、アッキー、マムさん、kaila、ハッピーちゃん、コウメイくん、レイナ、チアキちゃん、珠ちゃん、えりん・・・あと、しんちゃん!

・・・もっと会ったか
記憶が定かでない

久しぶりにいろんな人に会えてうれしかった
いっぺんにドカンと会った




はじまりの日

先日、姪っ子の1歳の誕生日プレゼントをと
絵本を買いに紀伊国屋に行って偶然見つけてしまった

はじまりの日








ボブ・ディランの「FOREVER YOUNG」という曲をモチーフにした絵本
その名も
「はじまりの日」 ボブ・ディラン作

ポール・ロジャースという人の絵もとても素敵で
買って帰った

Forever youg
’’いつまでも若く’’を”はじまりの日”と訳してるのがなんかいいな

”毎日が新しい君のはじまりの日”

「ぼくはひとりアリゾナ州に行って、そこで息子のことを思いながら『フォーエバー・ヤング』という曲をつくった。べつに作詞作曲をやろうと意気込んだわけ じゃなく、自然に浮かんできて、そのままできあがった。なるべく感傷的にならないようにと、ちょっと努力しただけだ」(ボブ・ディラン)

息子のために歌った曲だったんだ
知らなかった

いつか僕の二人の子供に
この絵本に書いてあることの意味がわかる日がきっと来るかな
そのときになっても俺は歌っているかな

きっと歌っていたい

今夜もディランは歌っている

明日はガビガビ5周年で歌う
ディランを歌おう


鉄呑み

カメラマンで執筆家の親戚に会いに行った

その人が撮る風景は「線路のある風景」
いわゆる鉄道カメラマンだ

日本中、世界中
線路のあるところ目指して飛び回っている
なんせ世界中を旅しているから
鉄道やカメラ以外にもとにかく引き出しが多い

その人の話を聞きたくて
年に2〜3回訪ねる

手土産に自作したミニジオラマを持っていったら
夫婦で「家宝にする!」と予想以上に喜んでくれた
(奥さんも旅行会社に勤めていた人ですごく素敵な人)

鉄呑み











そのジオラマを眺めながら
「これは〇〇県の〇〇鉄道の〇〇駅にそっくりだ!」
などと妄想を広げてくれて

その人が撮影した写真がプリントされている酒を呑ませてもらい
膨大な書籍コレクションを見せてもらった

ノスタルジックな鉄道風景に目がないオレは
その人が教えてくれたり見せてくれるものや
実際にその人が撮った写真やその人が書いた書籍にいちいち反応し
目をキラキラさせてしまう

そんなオレを(その人からしたら姪の旦那だから血のつながりはないんだけど)
珍しがり、面白がってかわいがってくれている

その人は呑まないんだけど
オレは楽しくて心地よくて一人で何杯も呑んで酔っ払ってしまった

(BGMにはたいがいサイモン&ガーファンクルやボブ・ディランやCSN&Yなんかがかかってるから余計に心地いい)

そして
「次に来たときは・・・」
と毎回必ず次回の予告をしてくれるのだ

それが楽しみでまた足を運んでしまう


ブログ:杉崎行恭の写真アーカイヴ
http://sugizaki.oline.jp/

出張餃子

たま〜に自宅近くに出張餃子がやってくる

金曜の晩
子供のリクエストに合わせて3日連続うどんを食べていると嘆いていた妻にお土産に買って帰った

餃子屋台











注文するとその場で焼いてくれる
にんにくとごま油の香りと焼き音が食欲をそそる
川越から来てるらしい

餃子











冷めないうちに
家に帰ってビールで乾杯

餃子好きの妻に笑顔が戻った

アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
リリース情報
玉木"エゴッタマン"洋平
セカンドアルバム
『on the way』
おかげさまで200枚完売致しました!
御礼申し上げます
ライブ情報
2017年1月22日(日)
浜焼太郎経堂店
『エゴッタマン弾き語り』

2017年2月5日(日)
横浜クラブセンセーション
『グレゴリーペイジ来日ライブ』
エゴッタマングループ


ご意見・ご感想
ライブなどのお問い合わせは
egottaman@gmail.com
Twitter ときどきつぶやきます
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ