2011年08月

For Life

フォーライフ2

出来た。。。

フォーライフ1

出来たよ。。。。。


8月26日からライブ会場で販売します。
まずは渋谷ガビガビでのライブです。

でもよく考えたら
それからしばらくソロライブないんだよな・・・(笑)

9月10月はダグラスのライブが控えてマス
どちらもよろしくお願いしますっ!


というわけで

初めてのソロ音源ってことで
曲ごとにセルフ解説します(笑)

すごいヒマなんだと思ってるでしょ?
いいんですよ・・・



『For Life』

1.始まりの歌
元々歌詞はできていて、イマイチな仮歌に乗っけてたんだけど、
レコーディング中にどんどんメロディが降りてきて
あっと言う間に全然違う曲になりました(笑)

最近はライブでも必ず演奏する曲です。

裏切られて絶望する友人を励ますために書いた曲。
英語タイトルは「Startin' Over」にしました。
ジョン・レノンに敬意を表して

2.君と踊ろう
レコーディングに向けて曲作りをしていたら、娘が「あとで飲んでね」と
冷えた缶ビールを置いていってくれた。
ひと息入れようと、缶ビールを飲みながらリビングに行くと、
娘がくるくる廻りながら踊っていて、
ベランダから見える空に雲が流れていった。

その光景をそのまま歌にしました。

3.Railway trip
これは以前から歌っていた曲。
小さい頃母親に連れられて乗った地方のローカル線の旅と
大人になってからの、メロディと自分を探す人生という旅を
重ねてイメージしてみました。

今回アコギ2本にブルースハープとリズム。
コーラスも入れずシンプルな構成です。

サビのフレーズにディランに対する敬意を乗せて。
エゴッタマンのブルースです。

4.サヨナラ、またいつか
軽い感じのノリを出したくて書きました。
昔買ったまま使っていなかったピアニカを使いました。
ピアニカ吹いたの小学校以来かも(笑)

去ってしまった友人に向けて歌いました。

英語タイトルは「on the road,again」
ウィリー・ネルソンに敬意を表して
と言いたいところですが(笑)、花田裕之さんです

5.メロディー
今回のアルバムで一番最後に書いた曲。
普段当たり前のようにいることが、
実はとても貴重で大切なことなんだというメッセージを込めました。
失ってみて初めて気づくことって多いと思います。

震災のずっと前に書いた曲だけど、震災からそれ以降、
この曲に書いたようなメッセージが自分の中でどんどん大きくなっていきます。

ラブソングっていうより、もっとずっと普遍的なことを歌いたいなと思いました。


6.デッドフラワーズ
ライブでよく歌う曲です。
長女シオンは後半の「何度でも〜♪」の部分が大好きでよく歌ってくれます。
以前やっていた3ピースバンドでもR&Rに演奏していましたが、
ずっと軽いアレンジになってます。
こっちはジャック・ジョンソン風(笑)

ストーンズに敬意を表して

7.光の中へ
大切な二人の小さな娘のことを歌いました。
ただ、それだけの歌です。

マイク1本立てて弾き語りで一発録り。

英語タイトルは「Birth」

8.For Life
あえて言うならば、
もう音楽を辞めなきゃと思っていたことがあって、
数ヶ月毎日自分と向き合っていました。
でも、そうしていたらこの曲が降りてきました。

この曲は歌わなきゃなと思って(笑)
音楽活動を少しずつ再開しました

自分が自分らしくこの先も生きていくために
子どもたちにとってかっこいいお父ちゃんでいるために
ブレたり揺れたりくじけたりしながらも

歌い続けることを決心した曲です

タイトルは小室等・吉田拓郎・井上陽水・泉谷しげるが設立した
フォーライフレコードに敬意を込めて

韻を踏んだ歌詞の最後のフレーズに
ビートルズへの愛を込めて

9.メロウな時間
夏の夕暮れ汗だくになって家に帰ったら
青と藍とオレンジに染まるとてもキレイな西の空を見ました
日々の雑念がそのまま空に溶けてしまうような
そんな吹っ切れた思いを歌にしました

強がる自分と
本当は弱くてどうしようもない自分

全部さらけ出そうと思って書いた曲です



以上本人解説でした

真剣に遊んだこのアルバム(笑)
少しでも多くの方に聴いてもらえたら
うれしいです


2011年8月26日(金)
Rockin' cafe 渋谷GABIGABI
http://www.gabigabi.jp/
19:00 OPEN
20:00 START
入場無料
【出演】
CARRIE
玉木洋平
(出演順未定)

夏休み〜♪

2泊3日で嫁さんの実家に帰省してきました

P1000141
庭でプールに入って

P1000152
プチトマト収穫して食べまくり

P1000155
ご先祖様にご挨拶をして

P1000164
お寺の鯉たちと戯れ

P1000169
アサガオを観察し

P1000170
スイカに頭突きして

それから地元の小学生に遊んでもらったり
カメに餌やったり


特別なことは何もしなくても
子どもたちにとっては大冒険みたい

元気いっぱい
大はしゃぎの夏休みでした


帰るとき
長女は泣いちゃったけど

それだけ楽しかったんだね

良かったね
また来よう!



2011年8月26日(金)
渋谷ガビガビ
ソロ弾き語りLIVE

チャージフリー


玉木”エゴッタマン”洋平
ファーストソロアルバム『For Life』(TMK-001)
9曲入りnice price ¥500(税込)

いよいよ8月26日発売決定!!

ソロアルバム発売します

中学時代に
大ファンだったZIGGYのDVDを観ております(笑)

IMG_3771

1989年武道館での初ライブ
熱い

そんな熱いライブを観ながら

IMG_9489

重い腰をようやく上げてのアルバム制作

IMG_1383


ミックスダウンの再編集を終えて
地道にコツコツ焼いております(汗)

盤面はピクチャー仕様にしました

手作りです(笑)

8月26日ガビガビでのソロ弾き語りの夜には
持って行けるようにがんばってマス

デフレ上等、原価販売なんで
通販はできません(笑)

ライブ会場のみの販売ですが
是非買って聴いてやってください

エゴッタマン節炸裂してますからっ!


IMG_0521

それにしても
ZIGGY熱い・・・(笑)

森重さん
歌上手いな〜


2011年8月26日(金)
渋谷ガビガビ
ソロ弾き語りLIVE

チャージフリー


玉木”エゴッタマン”洋平
ファーストソロアルバム『For Life』(TMK-001)
9曲入りnice price ¥500(税込)

いよいよ8月26日発売決定!!




夏本番どころか

夏を超えるような暑さだね
皆さん十分な水分補給を

ビール可(笑)


さて


子々孫々に語り継ぎたい日本の歴史
『子々孫々に語り継ぎたい日本の歴史』
中條高徳・渡部昇一著

読了

夏休み前最後の一冊
でもこの本はこれからも繰り返し読もうと思った


盆前に靖国神社に行こうと思っていたけど
なかなか時間取れず
足を向けることができなかった


休み明けに時間取れるかな


それでは皆さん
酔い夏休みを♪




AED

やっぱりちゃんと使い方習っておこう


昨日帰宅すると
マンションのエレベーターの前で自転車にまたがったまま
動かないおっちゃんがいた

「おっちゃん、ここでは自転車降りないとダメよ」

と言うが返事がない
そのまま無言で自転車にまたがったまま
エレベーターに乗り込んでしまった

(酔ってんのかな・・・?)

と思った次の瞬間
おっちゃん

「ダメだ・・・」

とつぶやいてフラフラと倒れた


えぇーーーーっ!!


びっくりして慌てて身体を支えて
とにかくエレベーターに乗って
部屋番号を聞いて
おっちゃんと自転車を担いで部屋まで行こうと思った

ところが
おっちゃんの意識は朦朧としており
呼吸もどんどん激しくなり

絶えず
「苦しい、苦しい・・・!」
と言う

「どこが苦しい?」
と聞くと

「胸が痛い・・・」
と言う

仕方なくエレベーターを降りたところで
いったん座らせて

その階の部屋を3〜4件
片っ端からインターフォンを鳴らし応援を要請

「どうしました!?」と
そのうちの1件の奥さんが出てきてくれて

「具合が悪いようなので、冷たいおしぼりと水をください!
それから救急車を呼んでください!」

と伝えた

その間
おっちゃんの汗は滝のように流れ
体温はどんどん低下し
呼吸は早く
もう声も出せない状態になっていた

顔色は真っ白で
額、頬と触れるととても冷たい

「景色は見える?」
と聞くと

「真っ暗・・・」
と言う

これはアカン!と思った

(なんであのとき景色のことなんて聞いたんだろう?)

どうしていいかもわからずに
とにかく膝枕をした状態で寝かせ

シャツのボタンを全部開け
インナーのシャツをまくり上げ
ズボンのボタンを開けファスナーを下した

そしていただいたおしぼりで
頸動脈を冷やし
時々全身も軽くマッサージするようにふきながら

とにかく
意識を保たせようと
絶えず声掛けをしていた

奥さんに1階にあるAEDを持ってきてもらうように頼んだけど

俺使い方知らんしっ!

(前回のAED講習ちゃんと受けとけばよかった・・・!)

と後悔していた



少し呼吸が安定してきたので

「おっちゃん水飲める?」
と聞くと

「水・・・欲しい・・・」
と言う

最初ほんの少し
唇を濡らすくらいの感じで与えると

「水・・・もっと・・・」
と言う

こういう場合一気に飲ませたら危険なような気がして

「少しずつな」
と言いながら与えたが

おっちゃん一気に飲んで
吐き出した

でも最初よりはだいぶ楽になってきたようで
呼吸も安定してきた

でも相変わらず体温は低く
汗は滝のように流れている

「胸痛い?」
と聞くと

「痛い・・・」
と言う

熱中症か急性心筋梗塞か

自分は知人を心筋梗塞で4人も亡くしているし
先日も突然亡くなった方の通夜に出たばかりだし
サッカーの松田選手のニュースも見たばかりだし

いやなことばかりが脳裏をよぎる
でも現場は初めてだから

とても緊張していたし
とても怖かったし

初めて会った知らんおっちゃんなのに

「頼む、逝かんでくれっ」
って泣きそうになる

ちょっと間をおくと
おっちゃん眠ろうとする

なんとなく眠らせたら
このまま起きてくれないような気がして

とにかく話しかける

そしたら

「昨日なカミさんをケアセンターに連れてって・・・」
なんて話してくれるから

「おっちゃんはしゃべったらアカンっ!」
と制した

そういえばさっきから
自分は久しぶりに関西弁でしゃべってるなぁと思っていた


119番からもう10分以上が経過していた

出て来てくれた奥さんはこのおっちゃんと顔なじみだった
絶えずおしぼりを交換してくれたり
水を持ってきてくれたりして助かった

ご主人は119番通報してくれて
1階で救急車が来るのを待っていてくれた


ご近所同士の信頼感と
連携が頼もしかった


「おっちゃん、がんばって!あと少しやから!」
って励ます

おっちゃんの冷たい手を握り
汗を拭き
頸動脈を冷やした

もうホンマに顔も唇も真っ白やん

「具合は?」
「うん・・・だいぶ楽・・・」


救急車はなかなか来なかったが
通報から10〜15分くらいか

待ちに待ってやっと救急車が到着した

救急隊員はさすが冷静で
はっきりと大きな声で本人に意識確認をしている

それからゆっくりと担ぎ上げ
いったん救急車の中で応急処置をしてもらった

そのときに
いろいろと聴取を受けた

とにかく
冷静に事態を正確に伝えなきゃと緊張したので
うまく伝わったろうか

発見時間
容態の状況と変化
飲酒の有無

おっちゃんから少しだけ聞き出した情報も
救急隊員に伝えた

おっちゃんには同居人がいないので
どうしたものかと思っていたが

おっちゃんが自ら救急隊員に
息子さんの連絡先を伝えたようだ

そこまで回復したみたいで
少しほっとした

救急車を見送り
自宅に戻ったときは

かれこれ1時間が経過していた

おっちゃん
あれからどうなっただろう

最寄りの病院に搬送されるって聞いたから
安心かな

何ともないといいんだけど

ウチのマンション古いくて高齢の方多いから
こういう機会増えるかも知れない

実際こういうケース2回目だし

マンションに備え付けられている
AEDの使い方

もう一度復習しておいたほうがいいな



おっちゃんの無事を祈ります






アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
リリース情報
EGOTTAMAN GROUP
1st Album
『EGOTTAMAN GROUP』(DRLR-001)
\2000+TAX
ライブ会場、タワレコ、アマゾン等
オンラインショップで発売中!
ライブ情報
2018年9月8日(土)
山梨Northland Camper's Village
エゴッタマングループ
SHIME他

2018年9月29日(土)
横浜THE CLUB SENSATION
タマ・ペティ&ブロークンハーツ
KEIKO WALKER BAND

2018年12月15日(土)
渋谷テラプレーンブルース
エゴッタマングループ
錆びたアレ


ご意見・ご感想
ライブなどのお問い合わせは
egottaman@gmail.com
Twitter ときどきつぶやきます
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ