2012年08月

マニュアル

先日中国へ行ったときに
アテンドしてくれた工場の担当女史が
マニュアル車を運転していて

やっぱ女のマニュアル運転は
ポイント高いなーと思った

エゴッタマンです

女にWクラッチでギアを繋がれた日にゃ
間違いなく惚れます


惚れたといえば
ヤングなでしこの猶本光ちゃん!

なおもと光

イイねー!!!!


さて今日の本題デス


孫を持つとあるAさんのお話

夏休み
久しぶりに息子夫婦と孫に会った

1年ぶりに見る孫は
見違えるくらい成長していて

息子夫婦が協力し
いかに一生懸命子育てしてきたかが分かるようで
嬉しかった

2日目
息子夫婦が買い物に行く間
Aさんと孫で留守番をすることになった

孫が
「おじいちゃんと待ってる」と言ったらしく
Aさんが相好を崩したのは言うまでもない

しばらく一緒に遊んでいたが
1時間もすると飽きてきたのか

おもちゃをAさんに投げつけてきた

「人に向かっておもちゃをなげちゃいけないよ」
とたしなめると

別のおもちゃを投げつけてきた

少し語気を強めて注意すると
孫は大声で泣いて殴りかかってきた

そんな粗暴な孫を見るのは初めてだったが
滞在中そんなことが2度もあった

息子夫婦が
子供をかわいがるだけでなく
「良い子」に育てようと
しつけに熱心なことも知っている

ただ
夫婦のそうした熱心さや必死さが
言い換えると「期待」が

孫のストレス要因になっていて
親の前だけで「良い子」を演じ
親がいなくなると”タガ”が外れて
粗暴な行動に出てしまうのではないか・・・

Aさんはそんな不安を覚えたそうだ

先日読んだあるコラムの話


自分も気をつけないとな
と思った

親が頑張りすぎると
子供は自分で考え行動する力を
どこかに置き忘れてしまうからね

マニュアルって意味では
自分も結構多くの子育て本を読んできたけど
そこには「叱らない」「叩かない」「感情的にならない」ってことが多く書かれている

時には
子供や子育てを美化しすぎてると
感じる本もあった

確かにそれは理想だしステキなことだけど
本当にそれでいいのかとも思っている

叱ることと怒ることは違うし
暴力を振るうことはイケナイことだ

でも時に必要なことでしょ?

そういった理想的なマニュアルに縛られて
親が信じられないくらいのストレスと
自身や子育てに対する落胆を抱えているのも事実なんじゃないかと思う

それが
わが子に対する虐待や育児放棄となって
現れているんじゃないかな


親が感情を見せることで
子が自分の感情を育てることにもなるって
前に大先輩ママさんに言っていただいたことも
あったよ


マニュアル社会の弊害と
自身をその環境下に置かなければ
物事の実態は見えてこないという

2つの教訓を
コラムでは説いていた

社会全体にも
言えることだね


久しぶりに
子育て日記でした

8月が終わるね

がんばれ!
ヤングなでしこジャパン!!

レコーディング日誌

前作『フォーライフ』に続き
夏になるとレコーディングをしている
エゴッタマンです

レコーディング


どういうわけか
夏になると創作意欲が湧くらしいので
TUBEになれるんジャマイカと嫁に言ったら

TUBEは夏にリリースするんだから
冬の間に創っているんだと

何気なく意見を却下された
エゴッタマンです


ソレニモメゲズ
ここ半年くらいで書き溜めていた曲が
4〜5曲あったので

そのラフテイクを
録音しつつ

パソコンに落として
iPhoneで毎日聴きながら

アレンジの練り直しや
アルバムとして足りない曲を追加したりしています

おかげで
新曲も出来ました

この新曲はもう
このアルバムの1、2曲目につながる3曲目が欲しい!

という発想から出来た曲デス

今のところ
1、2、3曲目とラストは固まっていて

足りないのは
B面の1曲目です(笑)

実はB面の1曲目は過去の曲の
セルフカバーで行こうかなと
思ってるんですけどね


どんどん
ネタばらししているエゴッタマンです(笑)

ちなみに
B面とか言ってますが
あくまでレコードだったら〜ってイメージで

A面B面
合わせて40〜45分で
パッケージすることを前提に作ってます

今のCDは詰め込みすぎ
1曲あたりの単価とコストダウンってことなんだろうけど
1時間も聴くの疲れる

もう終わっちゃったってくらいが
ちょうどE−んです


今回のアルバムに収録する予定の曲を
先日のライブで初めて演奏しました

『FEEL』という曲です




自分は
バンドの場合
あまり決め事は作らないのですが

というより基本どフリー(笑)

デモ音源は一つ一つの音がどうこうより
曲の全体のイメージのために
渡していて

今回は
イトーちゃんとばんちゃんが
うまく曲のアップダウンを出してくれました

さすがデス

ライブを何回かやって
熟成していけばいいんじゃないですかね

変化もするだろうしね

THE DOUGLASなんかも
そんな感じ


それに対して
ワンマンレコーディングは
良くも悪くもそこが違う

すでに決まっていること
というか
アタマの中ですでに鳴っている音が
あるので

そのイメージに
どれだけ近づけるか

そんな作業です


あとは
いかに自分の音を
客観的に
ときに否定的に聴けるか

これが難しいんだけど
面白いところでもあります

そういう作業って
音楽に限らず
日常すべてにおいて必要なことなんだよね


セルフコントロール


日々冷静になれない
未熟な自分も再発見しております・・・(汗)








ストリートロッカー

ストリートロッカーって言うと
なんかカッコいいから

路地裏の歌唄いっていう表現が
俺は好きかな

路上とかね

不器用そうで
泥臭いのが
好きだよ

でも実際路地裏で
ギターかき鳴らして唄ってたら
近所迷惑だよね




最近
エリオット・マーフィを聴いています

エリオットマーフィー
フランスライブ盤
DVD付き

ブルース・スプリングスティーンも聴かない俺が
何故?って感じですが

鳥井賀句さんが
フェイスブックで絶賛してて
買ってみたのです


結果として
サイコーです

こういう音が分かるようになったかぁ


アコギ2本とベースにカフォン
ぶっとくて繊細な音が鳴ってます

テイラーのエレアコが
欲しくなったりして(笑)


コレもしかして
エゴッタマングループが目指す感じなんじゃね?

リードギターは
ここまでギャンギャン弾かなくていいんだけどね
俺的には(笑)

いい塩梅に酔っ払った
イトーちゃんの味わいあるユルギターが
一番好きです


エリオットの歌い方も
とても勉強になるなぁ



ギタリスト
音楽もっと聴かなきゃならんね
知らない音楽ばっかりだね

まずはこのポスターをプリントアウトして
トイレに貼って子供と勉強だな(笑)

九九覚える前に
世界のギタリストを覚えさせようかな(笑)


先週のライブ

リラックスした演奏と笑顔と
少し(かなり?)ラフなサウンドは

実はエゴッタマンとして
追い続けてきた風景にかなり近かったのです

また少し
先の風景が見えた気がします



動画提供:kingsnake

最後のニュース

内戦激しいシリアで
戦場ジャーナリストの山本美香さんが亡くなった

大変申し訳ないのですが
山本美香さんというジャーナリストを
今回の死亡報道で初めて知りました

それなのに
夜に各局のニュースを見まくっていたら
涙が止まらなくなってしまった



戦場を報道する
そんな中でもとくに弱い女性や子供に焦点をあてた報道に
信念を貫き亡くなった山本美香さん


人は実体験していないことに関しては
自分の境遇に置き換えてイメージするから
山本美香さんが焦点をあてた部分を
自分の子供たちに重ねてしまったのかも知れない

小さい頃にはよく親から

世界には戦争や飢餓で
食べたくても食べられない人
着たくても着れない人
住む家もない人がたくさんいるんだよ

と言われてきた

その世界は今も何ひとつ変わることはなく
自分も今
子供たちに同じことを言って
モノを大切にすることを教えている

ひとつ変わったことと言えば
小さい頃には
遠い国の縁のないことのように思っていた光景が


日本も明日はわが身
もしかしたらすでに渦中
そんな思いが日々強くなっているということ


目に見える武力で国民を殺すアサド政権と
目に見えない放射能を垂れ流して責任を放棄する日本政府


同じ日本人が戦渦で命を落としたことで
その国の恐怖と悲しみを感じることができたことが
山本美香さんにとってせめてもの報いとなるだろうか


その日の最後のニュース
山本美香さんのご両親の悲しみが
さらに胸に突き刺さった


ご冥福をお祈りします







酒と笑いと〜2012夏〜

ゆる〜いライブ(笑)

うっかりブログも夏休みしていた
エゴッタマンです



動画提供:Kingsnake

エゴッタマングループ
歌とアコギとハープ エゴッタマン
リードギターと歌   いいんだぜイトーちゃん
ベースと歌      LUXばんちゃん

エゴッタマングループ

こんなトリオでやってきました

真剣にやっているのに
思わず笑いを取ってしまう

そんなトリオです

今回のライブで個人的に一番は
イトーちゃんがリードボーカルを取った
ロッド・スチュワートのこのカバーです

からの『いいんだぜ』です

ステージネームを
今日から勝手にいいんだぜイトーちゃんにしました(笑)

ステキなギタリストです


そして
今回バックでベースを弾いてくれた
おなじみバンチャン

いつもベースを弾いてくれるミッキーが
今回は都合つかなかったんで

イトーちゃんと二人で
まったりやりますか〜なんて言ってたんですが

ばんちゃんのほうから
参戦表明してくれました

3人になっても
結局はまったりやってきたんですがね(笑)

まだまだ暑いですが
8月のライブはこれでオシマイ

主催のテツシさん&エレファンツ
共演してくれたキャミソールダンディ
GAKUちゃん

素晴らしい夜をありがとう♪

そして
暑い中来てくれた
たくさんの皆さん

ありがとうございました!

次回は9月14日
エゴッタマンとしては
久しぶりのガビガビです♪


動画提供:Kingsnake
アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
リリース情報
玉木"エゴッタマン"洋平
セカンドアルバム
『on the way』
おかげさまで200枚完売致しました!
御礼申し上げます
ライブ情報
2017年1月22日(日)
浜焼太郎経堂店
『エゴッタマン弾き語り』

2017年2月5日(日)
横浜クラブセンセーション
『グレゴリーペイジ来日ライブ』
エゴッタマングループ


ご意見・ご感想
ライブなどのお問い合わせは
egottaman@gmail.com
Twitter ときどきつぶやきます
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ