2012年11月

光と影



ハナレグミの「光と影」は
いい曲ですね

デスクワークのときは
両足の間にペットボトルを挟んで
ジミに筋トレに励んでいるエゴッタマンです

影の部分です

11月も終わりますね
いよいよ師走

先生、廊下は走っちゃいけませにょ!
(高速ブラインドタッチのため”n・y・o”→”んよ”が”にょ”と変換されました)

オレも少し急いでいますね



さて

今日は11月最後
光と影と題してお送りします

人それぞれ

光と影
表と裏

ありますよね

人が持つ闇の部分は
「メロウな時間」(※)という曲で
歌いました

※エゴッタマン1stアルバム『For Life』収録

先日もまた
親が子を虐待してしまったという
記事を読みながら心を痛めましたが

これなんて
人間が持つ二面性の最たる例なんじゃないかと
思うのです

闇です

虐待する親だって
まさか自分がかわいいわが子を虐待するなんて
夢にも思っていなかったわけです

以前も書きましたが

子育て理論が理想に縛られすぎているがゆえの
親の暴走ではないかと
思うのです

マニュアル社会の弊害なんです


・怒らないで言って聞かせる
・感情的にならない
・叱るポイントがブレないようにする
・叩かない
などなど

ちょっと本を読むと
とてもいいことが書いてあるんですよ
まったくその通りなんですよね

でもさ
そんなの365日無理でしょ

何故って

人間だもの
不完全だもの
親になってまだ経験が浅いもの
先生じゃないもの

怒らず感情的にならず常に同じポイントで指導できるなんて
プロ野球のコーチでも難しいよ

もちろん
グっとこらえることは必要だし
暴力を正当化するつもりはない

でも子供に対して
そういう感情的な抑圧が積み重なって
取り返しのつかない事態を招いていることも


あると思いますっ!



これを見るがいい



落合、東尾の死球次打席に
報復のピッチャー強襲ヒット

この場合
誰も文句言えません


このように誰にも文句を言われない方法で
自分がスッキリするべきです


チョットチガウカナ・・・

↑この半角カタカナは
R&Rスター・ハロさんの素晴らしいブログ手法をマネしてみました

ハロさんのブログ『ロックンロールに恋狂い』
http://ameblo.jp/mercurymania/


あとさ
メディアも虐待虐待って
騒ぎすぎだよね

情報化社会だから
知らなくていいこともたくさん入ってくる

完全に負の連鎖反応
起こしてるよね

事実を報道するだけで
対策が報じられないから
みんな不安になるんだよ




子育てとは

自分のちっぽけさを
思い知らされる日々の連続

でも
そうやって

日々子供からたくさんのことを教えてもらっている


ただわが子よ
ひとつだけ教えてくれ!


オマエら
どうして毎朝時間通りに
出発できないんだぁっ!

ほんっとに
だらだらモタモタしやがって

かれこれ3年間
毎朝イラつくんですけど・・・笑


12月ですね
残りひと月

スッキリしましょー!

北国の少女

フリーホイーリン

今にも泣き出しそうな
冬の空

北海道の暴風雪は
被害が心配ですね


なんとなくこの季節は
もの淋しくて
ぽっかり穴が開いてしまったような

そんな落ち込んだ気分になりますね

無気力だな〜
これではイケナイな〜

そんな風に感じながら
なんとなく風に吹かれて

日常をやり過ごしている
エゴッタマンです


そんな季節にぴったりな曲
アルフィの「木枯らしに抱かれて」でも
いいんですが

ボブ・ディランの
『北国の少女』


誰しも
思い出の中に
大切な人っていますよね

青い時代の思い出が
心を温めてくれたりします


この曲が収録されている名盤
『フリー・ホイーリン』に一緒に映っている
ディランの当時の恋人スージー・ロトロ

ディランに多大なる政治的な影響を与えたと言われる彼女ですが
昨年2月に亡くなっていたんですね

享年67歳





『北国の少女』

北国のバザーに行くんだってね
国境の山から風が吹き下ろす街さ
そこに住む人に伝えてくれないか
かつて僕が愛した人なんだ

夏が去り木枯らしに雪が混じる
そんな季節にあの街に行くのなら
その人が着ているコートを見てくれないか
彼女は寒さに凍えていないだろうか

やわらかい髪が風に揺れ
軽いウェーブが首筋を遊ぶ
どうか僕のかわりに見て来てくれないか
それが愛した彼女の記憶なんだ

彼女は僕を覚えているだろうか
何度だって祈ったよ
それが暗い闇の中であろうと
まばゆい光の中であろうと

北国のバザーに行くんだってね
国境の山から風が吹き下ろす街さ
そこに住む人に伝えてくれないか
かつて僕が愛した人なんだ


日本語バージョンを作ろうと
曲の背景をいろいろ調べていたら

サイモン&ガーファンクルの
「スカボローフェア」に通じるんですね

She once was a true love of mine

両方の曲に使われている
この詞は

SGファンにとっては
あまりにも有名なフレーズ

今年最後の入魂は

12月の一曲入魂は


4日(火)です



ちょうど2日後の6日は(ちょうどってナンだ?)



エゴッタマンの誕生日なので



生誕祭



仏教的には



降誕会



というわけで

ベロステージ

こんなステージでお待ちしてます



!!!!!




このステージなら


どれだけお客さんや入魂アーティストが来ても


ベロの中に
全員納まるな



つーか
余るな


・・・・・


ベロと言えば
ストーンズ50周年ベロT

ナンバー3

あれっ??


ストーンズT

あっ
こちらです


50年もバンド続けるって

ギネスだよね〜


オレはあと
32年!!

そんなストーンズから
新曲プロモのバースデープレゼント



カッコEーねー

ボクタチも
がんばりましょー

継続は力

粘り強く

毎朝納豆食べて

まずはこの冬を乗り切る・・・

納豆


もう12月かぁ


まったく
イヤんなっちゃうな


なんなんだろうね
このウツ感は


T.UTU


やっぱアレだな

着々と東横線の渋谷駅が
閉鎖に向かっている悲しさと切なさと心細さだな



渋谷駅

あまりに哀しくて
ヒカリエに登ってみた



それでも


今年もこうして
仲間も家族も無事に


一年乗り切ることが出来たことに



感謝ですね



エゴッタマンの一曲入魂も
今年一年乗り切れました

缶バッチも作りました


感謝の思いを込めて


・・・・・


なんかみんなへのプレゼント考えよっ


・・・・・


それでは祈ります


皆さんの魂の一曲が
道玄坂に響き渡りますように


流星に願いを込めて


これからもロックンロールを
歌えますように


ジーザス




アンド

メリーチェイン


2012年12月4日(火)
『一曲入魂〜エゴッタマン生誕祭〜』
渋谷ガビガビ
受付開始 20:00〜
絶対無料!


0501-1


入魂バッチ
バッチも残り僅かとなりました

お早めにっ!


泣く子は黙らない

飛行機で泣く子にクレームを入れた
さかもと未明

まあ
気持ちは分かるけどね

この「事件」に対してとても興味深い
コメントを見つけた

コチラ
『さかもと未明氏の「機内で泣く幼児にブチ切れ」コメントをどう考えるか』
http://www.newsweekjapan.jp/reizei/2012/11/post-501.php


まずは
耐え切れず着陸準備中の機内を出口に向かって
走り出してしまったさかもとさんは

航空法第73条違反ということで

泣いてた子供より
タチが悪いですね(爆)

ガキはオマエだ!
ってね

「渇っ」ですよ




興味深いのは
新幹線での描写

ホントにそうなんです
というわけで
もうすぐ帰省シーズン

今回は「子連れ新幹線の極意」と題して
お送りします


我が家は年に1〜2回
里帰りで新幹線を使うのですが

年末年始でも仕事利用しているサラリーマンも多くて
子供が騒ごうモンなら本当に気を使う

そして
仕事で新幹線を使っているという行為が
サラリーマンをワンランク偉そうにするのでしょうか

皆さん基本子供が乗ってくると不機嫌になりますね

しかし言わせてもらうっ
新幹線は子供の憧れですよ!
夢の超特急ですよ!


さて
そんなこともあって
ウチでは
11号車か12号車を予約するようにしています

というのは
東海道新幹線の11号車は
多目的室(サービスルーム)がある車両で
オムツ替えはもちろん
授乳も出来るんです

しかも座席は車両の一番後ろ
下りなら13番
上りなら1番

何故かと言うと
座席と壁の間に隙間があって
そこにベビーカーを”駐車”できるのデス

何よりベビーカーを押して
通路を行くのは大変ですからね

ちなみに他にベビーカー乗客の方がいれば
折りたたんでみんなで貴重なスペースを共有します

ただし
元々11号車の12番と13番席は
車椅子スペースのために作られているので
注意が必要
そういうときの優先順位は
しっかり守りマショー


それでも
この号車に乗る最大のメリットは
同じような「子連れ客」が非常に多いということ

みんな考えることは
同じなんだよね


基本的に
車内は大騒ぎです(笑)

だいたい
誰か泣いてる(笑)

だから野放しにするという
わけではないのですが

親同士
声も掛け易いし

子供同士
仲良くなったり

なんとなーく
チャイルドコミュっぽい
車内の雰囲気が
気分をラクにしてくれます

そうこうしているうちに
不思議なもんで

子供っておとなしくなるんです

気がつくと
寝てたりする

親が落ち着いていれば
子供は安心しますから

帰省シーズン限定で
子連れ限定車両とか
キッズ専用プレイルームとか

そういうサービスも
どうですか?JR東海さん?


問題は
そんな車両にうっかり乗ってしまった
ビジネスマン・・・

帰省シーズンの11号車は
ビジネスマンのご利用は
避けたほうがいいですよ(笑)

そんな感じで
子連れは子連れで
気を使っているんですよ

子はこの国の宝
子供だからと甘やかすのではなく
マナーを教えてあげながら
一緒に見守ってあげましょーや


早いもので
今年もそろそろ
チケット予約の時期ですね


撮影クルー加入

先日逗子のライブでは
ついにエゴッタマングループに
撮影クルーが加わりました!


彼デス!

スタンドマン


約1時間のライブ中
文句一つ言わずオレのiPhoneを
支えて撮影してくれました

そんな彼のギャランティは
たったの¥500!!

しかもヨドバシのポイントで
お支払い


そんなわけで
相棒が録ってくれた
ライブ動画をどうぞ!


『 Feel 』 詞/曲 玉木洋平


『転がる石のように』 訳詞・玉木洋平/曲・ボブディラン


『I Shall be released』 訳詞・毒イトー/曲・ボブディラン

スタンドマン
ありがとう!

娘たちが超欲しがっていたので
おもちゃ箱で迷子にならないよう

大切にするよ
アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
リリース情報
玉木"エゴッタマン"洋平
セカンドアルバム
『on the way』
おかげさまで200枚完売致しました!
御礼申し上げます
ライブ情報
2017年1月22日(日)
浜焼太郎経堂店
『エゴッタマン弾き語り』

2017年2月5日(日)
横浜クラブセンセーション
『グレゴリーペイジ来日ライブ』
エゴッタマングループ


ご意見・ご感想
ライブなどのお問い合わせは
egottaman@gmail.com
Twitter ときどきつぶやきます
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ