2015年02月

rooms30

京都から帰ってそのまま
合同展示会roomsの出展準備に追われてました

IMG_8300










今回で30回の記念開催となるrooms
何事も継続するって大変なこと

スタッフの皆さんの努力に
頭が下がります

IMG_8294










ドローレは相変わらず

IMG_8296










定番のデカイ鏡がついに割れてしまっても
枠だけつかってディスプレイするアイデア勝負で

何事もなかったように
たくさんの方と出会い、語らいました

IMG_8298










今回は福島のニット工場さんとドローレがコラボして
NIJIIRO Campというブランドもデビュー

デザイナーの船津さんが
七転八倒しているのを

脇で眺めながら
「がんばれー」って言うだけの役でしたが(笑)

無事展示会に間に合って
本当に良かった良かった

台湾で一緒だったり
前回までに知り合ったり

いろんな作り手さんたちとの再会も
とても嬉しく楽しく

IMG_8302





なんだかいつの間にか
顔なじみが増えて

刺激を貰ったり
勇気を貰ったり

ありがたいな〜と
思ってるうちに3日間が終了

IMG_8303










気が付けば新規のお話しや
温めていた商談が成立したりして

やっぱりrooms楽しいなと
思ってしまうのです

また出展できるように
お金貯めないとな〜♪

京都寺町

京都でのライブを終えた翌日
宿に戻って寝たのは3時過ぎてたと思うけど

翌日8時前にパッチリ目が覚めてしまったオレは
たぶんイトーちゃんよりオッサンだと思う

どうも
エゴッタマンです

IMG_4848










安宿を後にして
俺たちは京都との別れを惜しみながら

IMG_8287










東寺を見学した
そして寺グッズをしこたま買い込んで
散財した(笑)

その京都土産は今
仕事部屋のデスクの前に堂々と飾られている

IMG_8304










じゃーん!
曼荼羅図♪

サイコーです!

そして
東寺の高級写経用紙(3枚2000円)に手を出したオレは

仕事の合間に
早速書いている(笑)

IMG_4144










サイコーの紙質!

そして曼荼羅図に見守られて写経するという
サイコーの空間!

IMG_8285










ありがとう京都王将!(爆)
ありがとう東寺!

東名をひた走り
富士山が見える頃には

IMG_8293










もはや何しに京都へ行ったのかさえ
忘れかけていたエゴッタマングループです













満足できるかな?

気が付いたら2月になっていて
早くも2月も終わろうとしている(爆)

時の流れに
完全に取り残されています

お久しぶりです
エゴッタマンです

日本橋〜銀座での
新春ドローレ21連戦を終えて

京都へ音楽旅行に行ってきました

京都1




大学時代に所属していた
『フォークソング認定同好会黄色いトマト』という
サークルの同窓会的なイベントだったのですが

フタを開けていれば
同窓会だなんてとんでもなく

完全な対バンだったのが
とてもヨカッタ

京都2




やっぱり音楽は楽しみながらも
真剣にやるもんだ

どのバンドも真剣で
やっぱり刺激をたくさん貰いました

IMG_6963










僕が学生の頃はなかったライブハウスだけど
とてもいい箱でした

IMG_1919










また京都でやれたらいいな
でもちょっと緊張するんだよな

なんとなく
授業参観的なモードから抜け出すことが
今後京都でライブする際の課題です(笑)

IMG_1486










ステージがぐちゃぐちゃになるあたりも
やっぱりキトマのルーツか・・・笑

大学生活なんて
たったの4年間だもんね

ちょっとの差で先輩とか後輩とかいう
メンドクサイ関係になってしまった人たちと

今では音楽という繋がりで
世代を超えて時間を空間を共有できるというのは

とても素敵なことだと
思いました

大地が赤く染まる

やはり人は
大地を赤く染めるのを
止めることができない

そういう生き物なんだろう

ジャーナリスト
山本美香さんが亡くなったとき

悲しみを止められなくて
赤い大地という曲を書いた

あれから2年半
後藤さんと湯川さんが人質に取られ
殺害された

山本さんは現場で巻き込まれての死
後藤さんと湯川さんは
人質にとられ意図的に殺害された

状況はまるで違う
そして今回の件で
悲しみはまったく感じない

渡航禁止令が敷かれる中
湯川さんに関しては英語すら話すことができずに

何を求めて
何を使命として
現地に赴いたのだろう

テレビでは早くも
後藤さんの死が美談化されているように感じる

後藤さんのメッセージを受け止めよう
感じよう

でも俺は今
何も感じない

感じるのは

この一連の事件が
仕組まれたストーリーなのではないかということ

憲法改正
アメリカの都合
報道と世論操作

人道支援とは言え
平和憲法を持つ日本の首相が

「ともに戦う」
と発言したこと

その上でなんの抵抗もできないまま
戦争外交ズブの素人感丸出しで
見殺しにしてしまった

その事実を
世界に露呈した

お二人には
大変気の毒だけれど

後藤さんは
きっと天国で納得しているだろう

そして申し訳ないけれど
二人の死を悲しむ余裕はなく

日本が歩いてきた戦後と未来に
恐れと不安を抱くことしか

今はできない













アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
リリース情報
玉木"エゴッタマン"洋平
セカンドアルバム
『on the way』
おかげさまで200枚完売致しました!
御礼申し上げます
ライブ情報
2017年1月22日(日)
浜焼太郎経堂店
『エゴッタマン弾き語り』

2017年2月5日(日)
横浜クラブセンセーション
『グレゴリーペイジ来日ライブ』
エゴッタマングループ


ご意見・ご感想
ライブなどのお問い合わせは
egottaman@gmail.com
Twitter ときどきつぶやきます
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ