2016年07月

音楽の風

先日

とある方がとあるライブを観て
SNSでんな感想を述べてくれました

こんなレビューを自分で掲載したら
浮き足立って調子に乗ってるバカみたいに思われるでしょうが

ミュージシャンとして
仕事人として
家庭人として

玉木洋平という人間を理解していただけたような
とても嬉しく温かい気持ちになったと同時に

自分の生き方を
これからも変えずにただひたすらに進んでいく勇気を
いただいたことに感謝して

ここに紹介させていただきます

音楽の神様は
時としてこんな嬉しい風を届けてくれます

以下転載します

**************************

「赤坂という都会の町でライブをやることになりまして」
玉木氏から、そんな喜びに満ちた連絡が来たので、それはもう行かなくちゃ。
断る理由など無い。


2016年6月23日午後8時。
私は、赤坂のクローフィッシュというライブハウスに向かった。
その日のライブは、来日50周年特別企画【ぼくらのビートルズvol.1】「塚本功vs清水一雄&玉木洋平」というものだった。


音楽関係の仕事をしていた癖で、レビューを書く気満々の私、メモを用意。

セットリストを誰よりも早くSNSにアップしてやろう!くらいの意気込みでライブ に臨んだ。

今もそのメモを眺めながら、キーボードをカタカタ言わせているのだけど、

今となっては、正直セットリストなんてどうでもいいとすら思う。(ごめ んなさい)


玉木洋平&清水一雄のデュオでスタート。一曲目は、All you need is love。

玉木氏の歌声を、この曲で初めて聴いたことになる訳だけど、ここで私は思った。


「レビューに、セットリストなんて必要無いな」
「何を歌うかが重要なんじゃない。この声で歌うから、意味があるんだな」

どんな声なのか?
有名人の誰かを挙げて、誰それに似ているとか、ハスキーだとかスモーキーだとか、

表現の仕方は色々あるだろう。
私は元々、彼との会話で聞く声は知っていたし、歌声となると別物になる事は予想していたけど、

良い意味で裏切られた。


「声を楽器に出来る人って、アンダーグラウンドにもちゃんといるんだな。

武道館やらドームやらフェスで一流と呼ばれるアーティストの音楽を聴き漁るのは、

もう卒業しても良いのかもしれない。私も大人になったのかもな」


そんなことすら思った。彼の声は、そんなことを感じる声、とだけ書いておこう。


「明日も仕事だ。申し訳無いが中抜けさせてもらって、早めに帰ろう」なんて考えていたけど、

塚本功氏、清水一雄氏、玉木洋平氏、3人のセッションまで堪能してしまった。


この日のライブは、ビートルズのカバーがメインだったけど、

ジョン・レノンあり、ボブ・ディランありの懐かしいのに古くない曲ばかりで耳障りがとても良かった。


最後に玉木氏は、MCでボブ・ディランの詩を引用し、

「答えは、風の中にある」と言葉少なげに締めくくった。


私は思った。

彼は、単なるdreamerじゃない。


答えは、帽子のツバにチョコンと乗ってるのかもしれない。
答えは、首元を飾るストールの重なりの間にあるのかもしれない。
答えは、彼のギターのサウンドホールの中にあるのかもしれない。

是非、彼の次のライブに行って、答えを見つけてみて下さい。




読み切れない自分のセンスに焦る

参院選が終わったね
相変わらず低い投票率を不思議に思いながら

おなじみお好み焼きを焼きながら
開票結果を追っていました

一言で改憲と言っても
9条や96条以外に軸になることはたくさんあるし
議員によっていろいろな思想主義主張立場があるだろう

自民党員にも
いろいろな考え方を持つ方がいるはずだ

それにしたって
戦後最大と言っていいくらい重要なことなのだから

徹底した議論をした上で結論に導いて欲しいという思いから
自分は野党を支持しているのだけれど

その思いは届きませんでしたねぇ

改憲については
最終的に国民投票で結論が出ることになりますが

今の投票率の低さで
果たしてどれだけの国民が投票するのだろうか
果たしてどれだけの国民がその意味を知った上で投票するのだろうか
果たしてどれだけの国民が自民党の改憲草案に目を通して投票するのだろうか

共産党の一人区からの撤退や
次に控える都知事選における野党統一候補の擁立

比例代表制という選挙システムの根本的な批判はおいといて
まずは思い切った作戦を打って

国の会議における議論のバランスを取り戻してほしいと思うのです

あとさ
石田純一はなんなんだろうと
最初まるで理解できなかったんだけれど

なるほど
自分のタレント生命を賭して
野党統一による打倒与党を掲げるために
自ら客寄せパンダを演じるために会見を開いたのか

それってすごいことだね
誤解してましたね

そして相変わらず与党の統制下にあるような偏った報道に
改めてウンザリ

世の中に流れている情報はすべて安倍放送局なんじゃないかと思います

原発反対を訴えて当選した
鹿児島県知事の当選も全然報道されないもんねぇ

世の中を見るセンス
流れを読むチカラ

自分のアンテナ張ってもっともっと磨かないと
こりゃダメだと痛感する日々です

都知事選と秋に迫るアメリカ大統領選
世の中が大きく動く2016年

目を離したら死を意味するくらいに
注目していこうと思います

あとこれを今一度
よくよく読み返しておこうと思います

index








自民党のホームページからダウンロードできます
https://www.jimin.jp/activity/colum/116667.html











アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
リリース情報
玉木"エゴッタマン"洋平
セカンドアルバム
『on the way』
おかげさまで200枚完売致しました!
御礼申し上げます
ライブ情報
2017年1月22日(日)
浜焼太郎経堂店
『エゴッタマン弾き語り』

2017年2月5日(日)
横浜クラブセンセーション
『グレゴリーペイジ来日ライブ』
エゴッタマングループ


ご意見・ご感想
ライブなどのお問い合わせは
egottaman@gmail.com
Twitter ときどきつぶやきます
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ