今回は中国鉄道体験記
鉄道ファン必見(笑)

今回は無錫から上海まで
中国高速鉄道の旅

201105中国
出来てまだ新しい
無錫新区駅から出発

201105中国
人はまばら
でもとにかくデカイ駅舎!!

X線で手荷物検査
日本の新幹線もこれやったほうがいいんじゃね?

201105中国
改札くぐってはやめにホームに行こうとするが
「ビー!」っと入場拒否

???と思っていると
駅員さん寄ってきて

「上海行き?まだ入れないよ〜ん。ココデマッテテ」

とのこと

列車の到着5分前くらいまで
トイレを済ませつつ構内待機

セキュリティー対策かな?

201105中国
入場可能時間になりホームを歩く乗客たち

201105中国
新幹線がホームに入ってきたよ〜
おなじみ「和階号」

以前広州〜深センまで乗ったね!
これはどうやらドイツ製の車両だね

広州〜深センのときはフランス製
フランス製新幹線



確か日本の川崎重工業製のE2ベースもあるんだよね
見るとまんま日本の新幹線です

中国新幹線
画像ありました!



さて




201105中国
座席は1号車1番の特等席
ホントは99元(約¥1100)なんだけど
何かの間違いで普通席料金の55元で買えてしまった(笑)

特等席なんて初めて♪
どんな席かと期待していると


201105中国
なんと!
運転席の真後ろ!!

そして500mlペットボトルのお茶のサービス付!


いつもは車で2時間くらいかかるんだけど
35分の短い旅

あっと言う間に


201105中国
無事上海に到着〜♪
あぁ、もうちょっと乗ってたいね

まあ感想としては
日本と変わらないね(爆)


ホントは客車タイプの大陸鉄道みたいなの
乗ってみたいんだけどね

だから
上海に入ってから
並走する客車牽引タイプや長編成の貨物とか

古い町並みに佇む駅舎とか

低いホームとか

そういうほうがそそられるんだけど
ノスタルジックファンとしては(笑)

車窓からの光景に見惚れていたら
写真撮るの忘れてました(爆)


ちなみに
戦前日本では

東京から九州、海中トンネル〜朝鮮半島を経て
中国大陸を直結する

「弾丸列車」

なる構想があったんだっけ