毎朝保育園まで
チビ二人を連れて

ひと駅だけ電車に乗る

先日初めて
席を譲ってもらった


ひと駅だから断ったんだけど
嬉しかったな〜

譲ってくれたのは
私服ヒゲ面職業不明の中年

オレみたいな風貌デス(笑)

目の前に座る
一流企業のピンバッチを衿につけた
管理職風の二人は

なんだかバツが悪そうだったな(笑)

降り際にもう一度
お礼を言ってから降りた

お互い気持ちのいい朝
子供たちもニコニコしてたよ

席譲るのって
勇気がいるよね

でも

ゆずり合って助け合って
声かけ合って

そこに笑顔が生まれると
嬉しくなる

震災後
助け合いとか絆とか

いろいろ言われるけど

社会の中でフツーにできることが
もっとたくさんあると思う

募金したりボランティアしたり
そういうことだけじゃなくてさ

挨拶しても返してこない大人
子供にカバンをぶつけてもあやまらない大人
老人や妊婦がいても席を譲るどころか
知らぬフリを決め込む大人
そして
ありがとうが言えない大人

特に
会社で立派な役職についている人たちには
社会でも立派な行動をして欲しいと思う


会社の枠や役職取っ払えば
ただの人だぜ

いつか退職して一人になったときに
世間がどれだけ自分を大切にしてくれるかで
その人の価値は決まるのだろう


LIKE A ROLLING STONE



どんな気分?
現実はただ
帰る家もない
誰もオマエを知らない
転がる石のように