三木聡監督の
『転々』という映画が好きです

tenten











三浦友和とオダギリジョーが
テクテク歩く映画

全体的に
ふざけていて好きです

全然シリアスじゃないから

午前中の
タモン騒動から
一息ついて

雨の日曜日
思うところあって

テクテクテクテク
そこらへんを一人歩きまわっていました

家庭放棄(笑)

テクテクテクテク
歩くの好きなんです

小さい頃
妹を身ごもった母と

夕方よく散歩しました

このブログのカテゴリーにも
「散歩」ってあるくらい

ここんとこ
歩いてなかったから


あまり好きじゃなかった
この町を

最近少しずつ
好きになってきています

町の風景は
そこに暮らしながら

自分の思い出という色を
少しずつ塗り重ねて

初めて
好きになるんだな

愛おしさを感じるのは
町に対してではなく

そこに塗られた
自分の歴史なんじゃないだろうか

とか思ったり

(エゴッタマンどうした!真面目すぎるぞ!)

小さい頃から
転校が多かった自分は

比較的
新しい町を好きになるのは

得意だと思うけれど

その分
ずっと変わらない風景に

憧れるフシがある

古いものや
郷愁をそそるものが

人一倍好きなのは
その影響かも知れない

(ダイジョーブか!?こんなブログ誰も読みたくねーぞ)


大人になればなるほど
ひねくれていくのでしょうか

(知らん)

5年住むこの町を
好きになり始めたのは

ごく最近のことです

アテもなく
思いのままに歩いて

自分を見つめました

頭のスイッチは切って
心の赴くままに

歩いていました

少しずつ
浄化されていくような

そんな気分になって

雨が洗い流して
くれたのかも知れませんね


ときとして
人はバランスを崩す

でもそれでいいのだ

大切なことは
自分なりに

バランスを保つ方法を

知っているかどうか








思う