ポール・マッカートニー
東京公演

親父と行ってきました

この日は
一日休暇を貰って

開演までの時間
親父の希望で

親父が学生時代を過ごした
東京の街を歩いてみたいということで

20 061











まずは渋谷
かつて通っていたという
公園通りにある
小劇場ジャンジャンへ

今は喫茶店になっていますが
オープン当時
よく来ていたそうです

母と最初に会ったのも
渋谷だったそう

20 062











泉谷しげる
吉田拓郎
忌野清志郎など

そうそうたる面子が
出演していたのですね

20 063











代々木公園を抜けて
原宿明治神宮へ

20 064











原宿から山手線に乗って
田町へ

母校慶応三田学舎

20 065











とても懐かしがっていました

20 068











俺は親父の影響で
今でも慶応ラグビーを応援している(笑)

20 070











三田でサンマ定食を食べ

20 071











東京タワーを目指して
プラプラ歩いた

20 072











オレでさえ
東京に来た15年前に昇って以来

二人で東京タワーに昇るのは
もちろん初めてだった

オレたちにとっては

スカイツリーより
やっぱり東京タワーだな♪

20 074











それから鶯谷へ
当時下宿していた親父の母親の実家へ

オレのばあちゃんですね
ここは自分も今のタモンくらいのときに
母に連れられて遊びに来た記憶があります

急な階段が怖かったのを
覚えてる

20 073











当時はお蕎麦屋さんを営んでいたそうですが
バブルを境にすっかり様変わりしてしまったとのこと

ところが
向かいの五十嵐さんという
提灯屋さんは

まったく変わっていなくて
親父もびっくりしていた

「ちょっと寄ってみよう」

と提案して戸を叩くと

20 075











なんと幼馴染の肇さんが
店頭で作業をされていました

「一郎ちゃん!?」
(あ、オレの親父は一郎といいます)

60年ぶりの再会に
すっかり話し込む二人

学生時代は
向かいに住んでいても
接点はなかったみたい

案外そんなもんかもね

20 076











地元で100年以上続く
提灯の老舗として

下町の移り変わりを
見守ってきたという

素敵だな〜
俺もいつか提灯作ってもらおう♪

20 077











そうしていよいよ水道橋へ

ドーム近くのさくら水産で
腹ごしらえ喉ごしらえ

BGMがビートルズで
盛り上がった(笑)

20 078











会場へ向かう

20 080











テンションはいやがうえにも
上がってくる

20 081











22番ゲートから
ドームの中へ

20 082











ひゃっほー♪

20 088











定刻から20分くらい押して
ついに開演!

オープニングソングは
「Eight days a week」

ぶっ飛びます!

個人的に
中盤の「Long and winding road」で
涙が込み上げてきて

「Blackbird」
「Let it be」
「Yesterday」

そしてラストの
アビーロードB面メドレーは
完全に泣いてたね

20 094











なにより
ポールのサービス精神に感服

本当に素晴らしいショウマンなんだな

前になんかのインタビューで

「例えばディランはその日のライブで
『ミスター・タンブリンマン』が良かったよと言われると
『じゃあ明日はやめよう』というタイプなんだけど、
僕はその逆なんだ。
『だったら明日もやろう』って思うタイプ。
とにかくみんなに楽しんでもらいたいんだよ。
そのために何を演奏すればいいかを
いつも考えているんだ」

と言っていたのをライブ中に思い出して
また涙が出てきた

ただのロックミュージシャンのライブで
何故にそんなに泣けるのだろう(笑)

わからん・・・(爆)

20 096











約3時間のライブは
あっという間に終わってしまった

親父も歌って叫んで
とても楽しそうにしていたよ

それがまた
オレにとっては嬉しかったんだ

親孝行できたなんて
これっぽっちも思わないけれど

親父と同じ好きな音楽を
同じ場所で共有できたということが

とても嬉しかった

涙の理由は
もしかしたら
それもあったのかも知れない

音楽の神様に
感謝したよ

もちろん
偉大なるポール・マッカートニーにも!

22 002











14歳のときに初めて聴いた
親父のこのレコードは
今も自宅に大切に飾ってある

ビートルズを初めて聴いたときの感想は

「全部知ってる!」

きっと母親のお腹の中にいたときから
ずっと聴いてきたんだろうな

親父
オレにビートルズを教えてくれて

ありがとう
心から

2013年11月18日
ポール・マッカートニー東京公演セットリスト

  1.Eight Days a Week 
   2.Save Us
   3.All My Loving 
   4.Listen to What the Man Said 
   5.Let Me Roll It〜Foxy Lady 
   6.Paperback Writer 
   7.My Valentine
   8.Nineteen Hundred and Eighty-Five 
   9.The Long and Winding Road 
  10.Maybe I'm Amazed 
  11.I've Just Seen a Face 
  12.We Can Work It Out 
  13.Another Day
  14.And I Love Her 
  15.Blackbird 
  16.Here Today 
  17.New 
  18.Queenie Eye 
  19.Lady Madonna 
  20.All Together Now 
  21.Lovely Rita 
  22.Everybody Out There 
  23.Eleanor Rigby 
  24.Being for the Benefit of Mr. Kite! 
  25.Something 
  26.Ob-La-Di, Ob-La-Da 
  27.Band on the Run 
  28.Back in the U.S.S.R.
  29.Let It Be 
  30.Live and Let Die 
  31.Hey Jude 

 アンコール1 
  1.Day Tripper
  2.Hi, Hi, Hi 
  3.Get Back 

 アンコール2 
  1.Yesterday 
  2.Helter Skelter 
  3.Golden Slumbers / Carry That Weight / The End