独立して
自宅で事務処理をする機会が増えたのだけど

案外家好きなので
自分のペースでメンドクサイ処理を
行えている


今のところ・・・笑


たまに子供たちが
仕事部屋にやってきて

僕の仕事ぶりを
じーっと見に来る

伝票にバンバンハンコを押したり
領収書を整理して経理ソフトに入力したり
売場から戻ってきた商品にアイロンをかけて
畳みなおしたり

自分からしたら
メンドクサイ作業なんだけど

子供たちにとっては

「面白そう♪」

に映るらしい(笑)


「やってみたい!」

「手伝いたい!」

子供は好奇心旺盛だ♪

「もう少し大きくなったら手伝ってもらおうかな」

と言ってあげると

「早く大きくなってお手伝いしたい!」

と瞳をキラキラさせて
言うのだ

なんてかわいいんだろう(笑)


子供はいつだって
空気を柔らかくしてくれる

大人が忘れてしまっていることも
時に思い出させてくれるんだ

そして

ギスギスした心を
救ってくれる

そのたびに
感謝する

人間関係は
争いで成立しているんじゃないかと
思ってしまうことがある

欲望が誤解を生じさせ
憎しみや裏切りに繋がる

もうこんな世の中イヤだ!
と何度も思う

別れを告げたいと
何度も思う

終わりにしたいと
何度も思う

乾いた大地が
赤く染まる

乾いた心が
赤く染まる

歌っているときだけは
救われると思ってきたけど

子供と接しているときも
救われている

どうしてだろうと
思ったら

子供はいつだって
歌うように生きているから

またひとつ
気づかせてもらいました