どーでもいーこと考えてないで
早く寝ろっ!

って言われそうですね

でもね
世の中の大半は
どーでもいーことで出来上がっているんだよ

だからね
どーでもいーことを
一生懸命考えることで

もしかしたら自分がどこに行きたいのか
どうしたいのかが

見えてくる

ことも、

あると、

思うんだよ


いきなり寒いですね
体の末端が冷えてます

エゴッタマンです

日米野球
やってますね

昔はテレビにかじりついて
見ていたものですが

なーんでしょうね
熱くなれない自分がいます

それより
この記事見ました?

ノーモア安楽!高校生は1日最高105球+中4日 米でガイドライン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141114-00000078-spnannex-base

メジャーリーグで
トミー・ジョン手術の増加傾向に
警鐘を鳴らすべく

プロ以下にも
球数制限を設けるというハナシ

若い頃の
肘や肩の酷使により

どれだけ多くの才能が
プロに入って
もしくはその扉を叩くことすらなく
散っていったのかは

プロ野球ファンならば
ご存知の通り

ただし

それだけのタフな体でなければ
長いシーズンを闘えないというのも

事実なのではないかとも
思うのです

フツ―の社会人ですら
365日闘うために

やっぱり最後に必要なのは
体力だな〜って実感してますし

それにね

もしこの制度が
日本の高校野球にも適用されることになれば

ますます
エース級のピッチャーを何人も
揃えることが出来る強豪校が

有利な大会になってしまうことも
考えられるし

過去に甲子園で起きてきた
数々の熱闘や死闘
そしてドラマの多くは

今後見られなくなってしまうのかもなあ

そしてドカベンやキャプテンや
タッチのような

熱血青春野球漫画は

この先未来永劫
二度と生まれることはなくなるんだろうなあ

それは
とてもさみしいなあ

でもそんな考えは
根性論以外の何物でもないから

古いんだろうなあ

などと
秋の夜長

トム・ウェイツの
The Heart of Saturday Night を聴きながら
考えるのです

余計なことなんだけどね(笑)