次女が通う保育園へ
クリスマスページェントを見に行ってきました

ひつじかい








イエス様が生れたときのお話しを
子どもたちが一生懸命演じていました

セリフも歌も
本当によく覚えたね

劇を見ながら
娘とクラスメイト全員の成長が
本当に嬉しく誇らしく思いました

思い返せば
生れてすぐに気管支の病気になり
2週間緊急入院して毎日心配でたまらなかったことや

弟が生れてからは
なかなか目が行き届いていなかったり

きっとかわいそうなことも
寂しい思いも
いっぱいしてきたと思います

仕事で独立して2年
ちゃんと子供たちを育てあげられるのか
そんな漠然とした不安を毎日抱えながらの日々

震災で帰れなかったときに
朝まで先生に付き添われてお利口に寝ていてくれたこと

余震に震えながら
いつでも逃げれるように毎日服を着たまま抱きしめて眠った日々

歌とダンスが大好きで
毎日がミュージカルのような
愉快で明るい日々を送っていること

本当は宿屋さんの役がやりたかったけれど
仲良しのお友達に譲って自分は羊飼いを引き受けたこと

そして本当に立派に堂々と
セリフも歌もカンペキだったこと

いろんなことを思い出して
いろんな感情が溢れてきて

気が付けば
涙が止まりませんでした

ステキな最高のクリスマスプレゼントを
ありがとう♪

この思い出も
次女のことも

大切な宝物です

いつも温かく見守りご指導くださる先生方に
心からの感謝の気持ちでいっぱいです

ありがとうございます