幼児虐待のニュース
心が痛いですね

前にも言ったと思いますが
この世にラブとピースなんて存在しないから
歌唄いは永遠にラブとピースを歌い続けるわけですが

このようなニュースを見るたびに
人間の残忍さというものを垣間見てしまうような気がします

そして
このようなニュースが報道されるたびに
SNSやツイッターを覗くと様々な意見を目にします

”絶対許せない”
”同じ人間とは思えない”
”虐待された子どもと同じ苦しみを味わわせるべきだ”
”死刑にするべきだ”

確かにその通りなんでしょうけど
いつなんどき
自分も加害者になるかも知れないじゃない?

子育てや育児に携わった経験をされた方は
きっとそういう感覚って分かると思うけど

それくらい子育てって大変だと思うし

目に入れても痛くないかわいいはずのわが子を
心の底から憎らしく思えてしまうくらい

今の世の中はキツイってことだと思うんです

だからさ
この虐待してしまった親も
きっと現代社会の被害者なんじゃないかなって

もちろん
虐待や暴力を肯定するつもりはないんだけど

積もり積もったものや
溜まりに溜まったものが

屈折したカタチで表面化してしまうことって
誰しもあると思うのです

親だって人間だし

子どもって言ったって
やっぱり人間だからさ

いくら親子でも
合う合わないってあると思うし

かく言う自分も朝の保育園で
自分の足を上靴履いた娘に踏まれて

あまりの痛さに思わず
「何してくれんねん!」ってアタマしばいたことありますよ

2日くらい前に(笑)

朝だから冷えてたし
足の指折れたかと思ったもの

時として子どもって残酷だしさ
心底ムカつくことってありますよ

それはもう自分の子でも他人の子でも


報道の仕方にも問題があると思う

”まさかそんなことするような人には”
”仲良さそうな家族でした”
”すれ違うと普通に挨拶してくれる人でした”
”高校の頃はおとなしいコでした”

全部サクラなんじゃねーのって思うくらい
いつものパターン

闇は表面化されないからこそ闇なのです

もうこういうワンパターンな報道は
しない方がいいんじゃないかと思います

知る権利以前に
知らなくていいことのような気がするんだよな〜

それに負の連鎖反応ってあると思う

知らないウチに報道によって
虐待行動のパターンが刷り込まれてしまうっていうことがあるとしたら
恐ろしいことですね

だって
子どもに熱湯かけるって
すでのパターン化されていると思うし
いったい誰が最初に思いついたんだろうか

知らなきゃ思いつきもしない行動パターン

報道が過熱して
期せずして虐待のマニュアルになってるのかも知れない

もしもね
世の中のニュースから
不幸なものを一切なくしてみたら・・・

世の中ってどうなるんだろうか?
もしかしたら不幸を知らないっていうことが
シアワセへの一番の近道なんじゃないかなぁ

みんなどこかで
他人の不幸を期待することで
己の幸せを再確認するところってあるのかも知れませんね

15e603ff-61da-4b5f-985f-66da09376b53








誰だ
こんな誓約書を作ってパパに署名させたのは!

おさけをのまない!?
ママとケンカしない!?

そんな娘に育てた覚えはないぞ(笑)

これも積もり積もったものが屈折して表面化した結果として
大いに反省しておきます・・・

有効期限が一年だそうで早く2016年終わらないかな〜♪