ロック

祝・全国発売

本日5月1日
エゴッタマングループの1stアルバムが全国発売となりました♪

タワーレコードオンライン
http://tower.jp/item/4468225/EGOTTAMAN-GROUP

Amazon
https://www.amazon.co.jp/EGOTTAMAN-GROUP/dp/B06XHJFJC9%3FSubscriptionId%3DAKIAIHQZTXT4T5YYPGRQ%26tag%3Dlivehousecom-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB06XHJFJC9

TSUTAYAオンライン
http://shop.tsutaya.co.jp/cd/product/4525118067722/

などなど
各オンラインショップならびに店頭にてお求めいただけます
(ただし店頭でのお求めは取り寄せになります)

そして先日4月22日のレコ発ライブ東京会場の模様を
平田愛さんにレポートして頂きました

当日お越しになれなかった皆さまに
雰囲気が伝わればと思います

ご一読ください♪


=エゴッタマン・グループレコ発レビュー=
2017年4月22日(土) HEAVEN青山 文と写真:平田愛

18118974_1824943467767328_5888646717921474958_n






2017年4月22日、雨の外苑前。
私にとって、外苑前は特別な場所。
東京で年に1度、お囃子を聴きながら郡上踊りが踊れる大切な場所。

故郷の匂いや味や音を楽しめる場所なのだ。


でも今日は、ロックを求めて来た。
ロックを聴きに、外苑前のHEAVEN青山へと来た。
ギターの音とドラムとベース、お酒と何かを求めて。
その何かが分からなくても、きっとロックが教えてくれる事だけは分かっている。


昨年6月クローフィッシュ赤坂で玉木洋平君の声に痺れてしまって以来、彼の歌声に会いに来たのは、

今日が彼のバンドEGOTTAMAN GROUPの1stアルバム発売記念のライブだからだ。


EGOTTAMAN GROUPのライブは初見だ。でも、ペンとメモとビールを手に期待しかない。

DJKUME氏が作り出すBGMに、期待が安心に変わっていく。


Bob Dyranの『雨の日の女』が掛かった瞬間に、時計を見なくてもここからが今日の始まりだとわかった。
昔からのEGOTTAMAN GROUPファンみたいな気分になった。

セットリスト、必要かな?いらないね?
レビューにセットリストを載せるのは、文字数稼ぎが必要だからだ(極論)。

私がセットリストまで書いてると、文字数が多過ぎて誰も読んでくれなくなるから。それは困る。


ゲストとして演奏した高木栄一郎氏が、

「EGOTTAMAN GROUPの『流星』という曲を初めて聴いた時、俺の曲だ!と思った」

とMCで語り会場の笑いを誘っていたその曲からのスタート。


こんなに懐かしくて哀愁が漂うのに、愛が溢れるロック。これは、誰もが自分の曲だ!って思うかもしれない。初っ端から鼻の奥がツンとしてしまう。


もしもEGOTTAMAN GROUPのアルバムを手に入れたら、メロディは勿論、歌詞をしっかりと感じて欲しい。

美しい日本語が散りばめられている。花や風や信じる事や歌や生や夢が、存在する。

セックス・ドラッグ・ロックンロール。
ロックが如何わしい魅力で、若者を魅了していた時代があった。
だけど、若者達は分かっていた。
ロックが如何わしいんじゃない。
ロックを如何わしいと感じる大人が如何わしいんだ。
僕達は、そんな如何わしい大人にならない。
その反抗と覚悟達が、ロックをもっともっと魅力あるものにした。
そのロックが、此処にある。
この瞬間に、そのロックを感じる。


EGOTTAMAN GROUPは、そのロックを感じさせてくれる。
そのロックじゃなきゃダメなんだって事を思い出させてくれる。


あっという間の60分。
揺れる。歌う。笑う。歌う。
アンコールになって、ずっと気になっていたタイトルがやっとステージから飛ぶ。
『ロックの奴隷』

そうだ、私も『ロックの奴隷』だ。
私のSGの弦は錆びて、埃を被っているけれど、間違い無くロックの奴隷だ。
ライブ前に求めていた何かの答え、それが『ロックの奴隷』だ。

手放す事の出来ないスマートフォンの中には、数え切れないロックが詰め込まれている。
昨日も今日も明日も来年も10年後も死ぬまでロックを聴き続けているだろう。

ロックが無ければ、今の自分は存在しない。

そして今日、私のロックのライブラリに、EGOTTAMAN GROUPが追加された。


【追記】

EGOTTAMAN GROUPのギタリスト毒イトー氏の『いいんだぜ』ファンにとってはお馴染みだろう。

この曲については、文字にしたらダメなのは分かってる。でも、書かせて。

世界の神様仏様の誰よりも優しく寛大な許し(赦し)を得られる、こんなにバカバカしい曲は、他に無い。

最高にロック。こんな神様ソング、聴いた事がない。


多分(絶対)ライブでしか聴けないから、みんな、絶対ライブで聴いて!一緒に歌おうよ!



【2017.4.22.HEAVEN青山セットリスト】

Opening S.E. Rainy Day Woman(Bob Dylan)

1.流星

2.デッドフラワーズ

3.転がる石のように(Bob Dylan)

4.赤い大地

5.石畳に咲く花

6.いいんだぜ(中島らも)

7.Starting Over(John Lennon)

8.Feel

9.ビューティフルデイズ

アンコール

1.ロックの奴隷

2.シングルフラワー



プロモーション音源

エゴッタマングループ
アルバム制作もいよいよ終盤

ついに昨日
プレスメーカーにマスター音源と印刷用データを入稿しました!

やーっ!
オレよくやったー!

最後は半徹もしつつの
パッケージデザインの仕上げでした

何度も何度も校正したけど
ミックスダウンと同じで最後はよくわからん!

無事納品されるのを
待つばかり!

神様よろしくお願いします!!

ということで
完成までの間

皆様にはこちらでプロモーション音源をお楽しみください♪



エゴッタマングループ1stアルバム
『エゴッタマングループ』¥2160(DRLR-001)
2017年4月発売!!

レコ発ライブもやります!
是非ご来場ください!!

16996470_1299516040134136_3999437495536224431_n



レコ発デス!!

エゴッタマングループが4月にアルバムを発売します

2011年の始動から丸6年
長かった・・・笑

全8曲入りトータルタイム33分のコンパクトなアルバムですが
聴きごたえは十分な仕上がりになりつつあります

昨年11月末から16時間かけて行われた
メンバーすべてのレコーディング作業を終えて
ただいまミックスダウンの真っ最中

ONE HEART MUSICエンジニアの二宮さんと
日々やりとりをしながらブラッシュアップしております

ベーシックとなるトラックはほぼ一発録音したので
バンドならではの生っぽいところは残しつつ
デジタルの良さも生かしつつ

そんな音になってきているのではないかと思います
是非期待して待っていて下さい♪

エゴッタマングループ1stアルバム
『EGOTTAMAN GROUP』(¥2160税込・DRLR-001)
【収録曲】
1.ビューティフルデイズ 2.赤い大地 3.流星(10years after version) 4.ロックの奴隷
5.シングルフラワー 6.デッドフラワーズ 7.石畳に咲く花 8.Feel

≪レコ発記念ライブ≫
2017年4月9日(日)横浜THE CLUB SENSATION 『Rockin' Raw Music Vol.11』
2017年4月22日(土)HEAVEN青山 ゲスト:高木栄一郎
2017年4月26日(水)新宿SOUL KITCHEN
2017年5月13日(土)吉祥寺曼荼羅 『忌野清志郎追悼イベント』に出演


Dylan

ボブ・ディラン来日公演最終日
パシフィコ横浜国立大ホール

IMG_4353








うーん
素晴らしかったー

IMG_4352








あんなデッカイホールなのに
なんだか小さなクラブでの演奏を体験しているようでした

必要な音が必要な音量で聴こえてくる演奏
その分個々のミュージシャンの呼吸まで聞こえてきそうな
そんな感じでした

そして圧倒的なディランの存在感

50数年の活動を経て
きっとたくさん傷ついたであろう繊細な詩人が紡ぎ出す音は
こんなにも温かくて優しいのか

今まで体験したことのないような
音体験を通じて

オープニングから3〜4曲は
涙をこらえるので必死でした

IMG_4350








父の葬儀が重なって行けなかった
半券が付いたままの2年前のチケット

IMG_4351








2年待って良かったと思います

そしてたった2年で再来日を実現してくれた
ボブ・ディラン

ありがとう

index













How do you sleep?

毎年12月は
あちらこちらでジョン・レノンのトリビュートイベントが開催されていますね

エゴッタマンも
普段からお世話になっている横浜クラブセンセーションでの
追悼イベントライブに今年もお声掛けいただき
出演させていただいてきました

よくビートルズファンの間では
ジョン派?ポール派?ジョージ派?
もしくは前戯派?後戯派?本番派?

という会話が行われますが
(おい!リンゴは!?)

僕は中学からつい最近まで
ずっと完全なジョン派です

2013年のポール・マッカートニーの
東京ドーム公演を見て以来は
ジョンとポールは別モンとして大好きです

そんなジョンの曲
ビートルズ時代からプラスティック・オノ・バンドまで
やりたいと思う曲はたくさんあるのですが

だいたい他の出演アーティストと被ると思って
これはやらないだろって曲をセレクトするようにしています(笑)

今年のセレクトは
アルバム『イマジン』のB面から2曲(笑)

How do you sleep?とHow?

どっちもHow
子羊ジョンの心の迷いがさっそく伺えますね

これB面の3,4曲目なので
とてもマニアックに思えますが

(じゅうぶんマニアックだと思いますが・・・笑)

AB面ともに5曲入りのこのアルバムで
このB面の3、4曲目の役割はとても重要だと思っています

アルバム通して聴く中で
このあたりでたいがい飽きてくる可能性もありますよね(笑)

このB面の3、4曲目に何がくるのか!っていうのは
アルバムトータルのバランスを大きく左右すると思う(のです)

CDだとそういう感覚ってないですよね?
僕はビートルズも
ジョンの魂もイマジンもずっとレコードで聴いて育ったので

円盤をひっくり返してから聴こえてくる
一聴するとメジャーではない地味目な曲が大好きだったりします

とくにこの2曲は
「イマジン」というあまりにも有名なラブ&ピースな曲に対して
”本当の意味”でのB面曲なんじゃないだろうか?

いやむしろ『イマジン』というアルバムは
タイトル曲「イマジン」以外はすべてB面曲なんだと思う

How do you sleep?では
盟友ポール・マッカートニーをさんざんこき下ろし
ゲストギターにジョージ・ハリスンを呼びつけ
「もっと憎しみを込めて弾いてくれ!」とリクエストしたと
今回共演させていただいたギターの清水一雄さんが教えてくれました

オマエがしたことと言えば「イエスタデイ」を作ったくらいだ! 耳障りなんだよ!!
なんて20世紀の偉大なるミュージックコンポーザーに対して言えるのは
唯一肩を並べたジョン以外にいないでしょうね

またHow?では
どこに向かえばいいんだろう?
自分の感性をどう信じろと言うんだろう?
愛ってなんだろう?

と道に迷ったかよわい子羊感をさらけ出し
それこそ尾崎豊の「シェリー」ばりの弱さです

オープニングタイトル曲の「イマジン」で
堂々と世界の平和を歌った姿はみじんもありません

ちなみにA面のジェラスガイでその脆さと弱さはすでに露呈されています
そんな愛すべき人でなしのジョン・レノンの珠玉の名曲2曲をお送りします




追記

つい最近の出来事なのですが
ポールが歌う「ヘイ・ジュード」の映像を見ていたら
ジョン・レノンに対して初めて少し嫌気がさしました(笑)

両親が離婚して落ち込んでいるジュリアン・レノンを励ますために
世界的名曲を作ったポールのおせっかいぶりにも腹が立ちますが(笑)
その曲の当事者であり原因を作ったジョンが
他の多くのミュージシャンと共に「だーだーだーだーだっだっだー♪」と
ノリノリになってギターをかき鳴らす姿を
最後まで直視できませんでした(爆)

ビートルズ1で画像も音も鮮明になったせいもあると思います
あのDVDで唯一見たくない映像だったような気がします(笑)

鮮明になるっていうのも善し悪しですね(笑)
それだけリアルが伝わってきたということなんですけどね



アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
リリース情報
玉木"エゴッタマン"洋平
セカンドアルバム
『on the way』
おかげさまで200枚完売致しました!
御礼申し上げます
ライブ情報
2017年1月22日(日)
浜焼太郎経堂店
『エゴッタマン弾き語り』

2017年2月5日(日)
横浜クラブセンセーション
『グレゴリーペイジ来日ライブ』
エゴッタマングループ


ご意見・ご感想
ライブなどのお問い合わせは
egottaman@gmail.com
Twitter ときどきつぶやきます
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ