ニュース

遥かなる甲子園

第100回記念大会となった今年の全国高校野球甲子園大会
決勝は大阪代表・大阪桐蔭と秋田代表・金足農業の対戦となった

大阪桐蔭が勝てば史上初の2度目の春夏連覇
金足農業が勝てば東北勢初の全国優勝

しかも秋田県勢としては第1回大会以来103年ぶり(戦争で中断してるため)の決勝進出
恐らく今高校野球で最も強い大阪桐蔭に対して
金足農業のエース吉田君がどこまで投げるかという注目のカードとなった

また大阪桐蔭は昨年も春夏連覇を目指していたが
3回戦の仙台育英戦で9回2アウトから一塁・中川選手(当時2年)のベース踏み損ないがきっかけで
延長サヨナラ負けをしており
その中川選手が今回主将として再度春夏連覇を目指して帰ってきたこともあり
個人的にとても注目していた

結果はご存じの通り
金農のエース吉田君を攻略した大阪桐蔭が優勝
連日猛暑の中開催された大会は幕を閉じた

そんな中

年々変化する気候環境に対する懸念と
選手の体調管理が問題視されている

特に金足農業の吉田君が1回戦から決勝まで実に54イニング中50イニングを投げ
秋田大会初戦から約1か月強の間に1517球を投げたことで

「投げ過ぎ懸念」が広まり
某元知事などはわざわざツイッターで批判するまでに至った

自分なんかは
全試合を一人で投げ抜くという
まるでタッチの上杉達也のような投手の登場に魅力を感じてしまって
やはり昭和の価値観の持ち主なんだなと思ったよ

ワイドショーなんかでも訳知り顔のコメンテーターぶった芸能人が意見を述べたり
SNSなどでも様々な意見を散見した

それゆえ高校野球甲子園大会が世間に注目されている証拠でもあると思うが
同じ高校スポーツでもこの時期にインターハイが開催されていて
サッカーや陸上が行われていることを認識している人は少ないのではないだろうか

インターハイのサッカーでは通常40分ハーフ(一般は45分ハーフ)で行われる試合を
35分に短縮して開催されていた

野球に関してはタイブレークというルールが採用され
時間短縮が図られている

(自分は中学の大会でタイブレークにより敗れてとても不完全燃焼だったのでこのルールあまり好きじゃない)

そこで投手の「球数制限」という議論が起きているのだけど
果たして本当にそれで問題が解決するのかどうか

興味深い記事を見つけたのでここに貼り付けておく

ちょうど現在の児童スポーツの分野は
僕たちが教わってきた根性論に沿う”悪しき古き指導”(笑)から
専門的かつ具体的根拠がある論理的な指導に移り変わろうとしている

それはスポーツをする子どもたちにとって
とても素晴らしいことだと思うし

きっと将来的にも役に立つことばかりだと思う
自分も最近わが子のバスケの現場に立ち会わせて頂くことが増えたので
とてもよく分かる

だが一方で

日本中の人々を魅了する甲子園という舞台
そこで生まれる数々の筋書きのない感動のドラマ

そこには理屈では片づけられないものが存在する以上
すべてを論理的に解決することはとても難しい

「オヤジの栄光時代はいつだ?全日本の時か?
俺にとっては”今”なんだよ」

試合中に背中を痛め選手生命の危機という不安を抱えながら
そう言ってのけたバスケットマン・桜木花道のように(漫画『スラムダンク』参照)
甲子園の舞台で「たとえこの肩壊れようとも」と青春を燃やす球児がいるのである

スポーツをすることは
決してプロになるためだけではない

練習や試合を通して自己実現を図り
戦友と呼べるような生涯の仲間を作り
その後長く続く人生の礎となる場であると思う

今年高校野球を卒業する球児たちの中で
その後プロや大学で野球を続けられる球児が果たして何人いるのかわからないが

もしかしたら今後導入されるかも知れない球数制限によって
不完全燃焼で散っていく若者がいるかも知れないということも
大人たちは理解してあげないといけないと思う
世論だけに流されてルールが変わるようなことがあってはいけない


青春期に悔いを残すことが
その後の人生にどれほどの影響を及ぼすかを
自分はよく知っているつもりである

間違いなく言えることは
球数制限の導入によって野球有名校と一般高との格差は
さらに拡がることだろうということも付け加えておきたい

「プレイヤーズファースト」

本当に大切なことは
球数制限でも空調の効いたドーム球場の手配でもないのかも知れない

だって全ての球児が憧れる場所・・・遥かなる甲子園なんだもん


喜怒哀楽

本日14時より桂歌丸フェス

77627144-8F3E-4B6E-B562-E9087DEEF431









冠婚葬祭はハレの日だから
不謹慎なつもりではないからね

「繋ぐ人が出てこなきゃなんない」と
何かのインタビューでおっしゃってたのが印象的でした

真剣に可笑しな事をする姿
人を楽しませ笑わせるということ
何事もそうですね

その中で自分はどうあるべきか
常に考えながら日々を過ごしています

どれだけ人前で恥をかけるか



少し話逸れますが
「西日本は大変な災害なのに」
って意見たくさん見かけます

発信する人の気持ち
とてもよく分かります

確かにその通りなんです

でも同時にその正義は
一体誰を幸せにするのだろうと思います

亡くなられた方や被害に遭われた方を悼む事くらいしか小さな僕らには出来ません

明日は我が身と自然の脅威に怯えながら
自然から見れば虫ケラのような小さい命

日々楽しく燃やす事が出来たら

つらい時こそ
人を楽しませる事を
考えていけたらな

そんな事を思いました


喜怒哀楽こそ
人間の特権ですね

ご冥福をお祈りします

子供の笑顔が最高の親孝行

またしても親が子を虐待し殺してしまったニュース

未熟な子供を叱り続け
罰を与え続け

褒められる事を知らず謝ることだけを覚えて
死んでいった5歳の女の子
なんて哀しく短い人生だったろう

子供は未熟であるからこそ
無限の可能性を秘めている

我が子を虐待する親は
そんな子供の可能性を恐れているみたいだ

自分の親としての未熟さを認められず
その事実を恐れて制御不能に陥ってしまうのだろうか

子育てをしていると
必要以上に叱ってしまったり
どうしようもなく腹が立ったり
何度もそういう経験をしてきた

そしてその度に
子供と共に涙を流し
共に成長してきた

でもそれらのすべての瞬間は
かけがえのないものだったと今は思う

腹を痛める事の出来ない父と子の
絆と信頼関係は
そうやって少しずつ築かれていくのだろうと思う

子供より何十年か長く生きて来たからって
親としてのキャリアは子供と同い年なんだと気づけたら
世界から我が子への虐待が少しは減るのかも知れない

子供と同じ目線と
たっぷりの愛情を注いで
この先も歩いていきたいと思う

彷徨う不死鳥

今回の日本大学アメリカフットボール部における
悪質タックルの件、

すべての児童・学生スポーツに警鐘を鳴らして欲しいです。

ウチの子供のミニバスの現場でも、
いろいろなチームの監督、コーチ、父兄を見ていると
勝利至上主義を思わざる得ない実態によく遭遇します。

なんか大人たちのストレス発散の場になってるのではないかと感じてしまいます。

教育現場におけるスポーツは
あくまでも人間形成、子供たちの将来の糧や支えとなるためのものである事を切に願います。

そして、

この国の一部の腐った大人たちは、
とうとう若者の未来より自分たちの保身を優先するようになってしまったこと、とても残念に思います。


宮川選手の会見は立派でした。
彼の後悔と親御さんの気持ちを思うと涙が出ました。

今の彼にはまだ酷かも知れないけれど、
いつかまたアメフト以外でもいいから
心からスポーツを楽しめる日が来ますように。

引き続き日本大学の会見と
今後の行方を見守りたいと思います。


FD5419AE-6089-47A0-A07C-8B201CDE1D87

恵方巻き〜食べ残し大国ニッポン〜

気が付けば2月になってしまい
今年もあと11か月かぁと毎年恒例つぶやいております

エゴッタマンです

今年も節分に豆食わなかったけど
やっぱ豆食べないから風邪引いたんだな

喉と鼻やられてます

先日たまたまつけたテレビで
恵方巻きの大量廃棄のニュースをみかけて
とても心が痛みました

食べ残し大国ニッポンは
どこまで馬鹿なことを続けるのかなぁ

「経済はそうやって廻ってるんだよ、この青二才めぇ!!」
なんていう戯言はもう聞きたくないねぇ

2011年の東日本大震災のときに
みんな気づいたはずなのに

結局同じことを繰り返してる
ニンゲンってそういう生き物なんだろう

忘れちゃうんだよね
強さでもあると思うけど

売上アップ→売り逃し危惧→販売予測見誤り→過剰在庫→売れ残り→大量廃棄
こうした現在の産業構造における
負のスパイラルはなんともならないのかなぁ

これからは利潤の追求だけが
企業の目的ではないと思う

自分は恵方巻きって食べたことないんだけど
(そういえば2月4日に義弟夫婦が遊びに来てくれたので手巻き寿司パーティした)

もともと大阪方面での習慣と認識していたけれど
ちょっとウィキってみると
1989年に広島のセブンイレブンで始まって以来の呼び名のようで
それ以前に「恵方巻き」という言葉は文献等で見つからないそうです

アイデア商品ということで
それはそれでいいんだけど

やっぱり食べ残したら
目が潰れるから


昨今はなんでも便利になって
欲しいときに欲しいものが手に入って当たり前の時代だから

手に入らないってなった途端
むちゃくちゃなクレーム言うバカな消費者もいるだろうから
お店も仕方ないのかも知れないけどね

売り切れゴメンくらいが
ちょうどいいんじゃないかなぁ

あとはこういう大量廃棄の報道を見て
「ウチはやりません!」
っていう店が出てきてもいいと思う

みんながみんな横一列になって商売する必要は
全然ないと思うから


ちなみに日本では食料廃棄によって
年間11兆円ほどの損失が出ているそうで

世界から5800万トンの食品を輸入して
およそ3分の1にあたる1940万トンを毎年廃棄しているそう
これは世界の7000万人が一年間食べていける量と言われている

飽食大国ニッポンって言えば幸せそうに聞こえるけど
ホントの豊かさって何だろうなぁ

世界で出る食品ロスで
飢餓に苦しむ8億人を救えると言われている

つい先日も食卓で不平不満を言った息子を
食事の席から外してしばらく反省させたけど

「ありがとう」の気持ちを忘れずに
美味しく楽しく頂けることに感謝しないと

食育だなんてたいそうな言葉が出てきて
食べることを教育するなんて
一見素晴らしいことのように思えてしまうけど

本当は馬鹿馬鹿しいことであって
本来当たり前のことだと思うんだけどね






アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
リリース情報
EGOTTAMAN GROUP
1st Album
『EGOTTAMAN GROUP』(DRLR-001)
\2000+TAX
ライブ会場、タワレコ、アマゾン等
オンラインショップで発売中!
ライブ情報
2018年9月8日(土)
山梨Northland Camper's Village
エゴッタマングループ
SHIME他

2018年9月29日(土)
横浜THE CLUB SENSATION
タマ・ペティ&ブロークンハーツ
KEIKO WALKER BAND

2018年12月15日(土)
渋谷テラプレーンブルース
エゴッタマングループ
錆びたアレ


ご意見・ご感想
ライブなどのお問い合わせは
egottaman@gmail.com
Twitter ときどきつぶやきます
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ