ニュース

喜怒哀楽

本日14時より桂歌丸フェス

77627144-8F3E-4B6E-B562-E9087DEEF431









冠婚葬祭はハレの日だから
不謹慎なつもりではないからね

「繋ぐ人が出てこなきゃなんない」と
何かのインタビューでおっしゃってたのが印象的でした

真剣に可笑しな事をする姿
人を楽しませ笑わせるということ
何事もそうですね

その中で自分はどうあるべきか
常に考えながら日々を過ごしています

どれだけ人前で恥をかけるか



少し話逸れますが
「西日本は大変な災害なのに」
って意見たくさん見かけます

発信する人の気持ち
とてもよく分かります

確かにその通りなんです

でも同時にその正義は
一体誰を幸せにするのだろうと思います

亡くなられた方や被害に遭われた方を悼む事くらいしか小さな僕らには出来ません

明日は我が身と自然の脅威に怯えながら
自然から見れば虫ケラのような小さい命

日々楽しく燃やす事が出来たら

つらい時こそ
人を楽しませる事を
考えていけたらな

そんな事を思いました


喜怒哀楽こそ
人間の特権ですね

ご冥福をお祈りします

子供の笑顔が最高の親孝行

またしても親が子を虐待し殺してしまったニュース

未熟な子供を叱り続け
罰を与え続け

褒められる事を知らず謝ることだけを覚えて
死んでいった5歳の女の子
なんて哀しく短い人生だったろう

子供は未熟であるからこそ
無限の可能性を秘めている

我が子を虐待する親は
そんな子供の可能性を恐れているみたいだ

自分の親としての未熟さを認められず
その事実を恐れて制御不能に陥ってしまうのだろうか

子育てをしていると
必要以上に叱ってしまったり
どうしようもなく腹が立ったり
何度もそういう経験をしてきた

そしてその度に
子供と共に涙を流し
共に成長してきた

でもそれらのすべての瞬間は
かけがえのないものだったと今は思う

腹を痛める事の出来ない父と子の
絆と信頼関係は
そうやって少しずつ築かれていくのだろうと思う

子供より何十年か長く生きて来たからって
親としてのキャリアは子供と同い年なんだと気づけたら
世界から我が子への虐待が少しは減るのかも知れない

子供と同じ目線と
たっぷりの愛情を注いで
この先も歩いていきたいと思う

彷徨う不死鳥

今回の日本大学アメリカフットボール部における
悪質タックルの件、

すべての児童・学生スポーツに警鐘を鳴らして欲しいです。

ウチの子供のミニバスの現場でも、
いろいろなチームの監督、コーチ、父兄を見ていると
勝利至上主義を思わざる得ない実態によく遭遇します。

なんか大人たちのストレス発散の場になってるのではないかと感じてしまいます。

教育現場におけるスポーツは
あくまでも人間形成、子供たちの将来の糧や支えとなるためのものである事を切に願います。

そして、

この国の一部の腐った大人たちは、
とうとう若者の未来より自分たちの保身を優先するようになってしまったこと、とても残念に思います。


宮川選手の会見は立派でした。
彼の後悔と親御さんの気持ちを思うと涙が出ました。

今の彼にはまだ酷かも知れないけれど、
いつかまたアメフト以外でもいいから
心からスポーツを楽しめる日が来ますように。

引き続き日本大学の会見と
今後の行方を見守りたいと思います。


FD5419AE-6089-47A0-A07C-8B201CDE1D87

恵方巻き〜食べ残し大国ニッポン〜

気が付けば2月になってしまい
今年もあと11か月かぁと毎年恒例つぶやいております

エゴッタマンです

今年も節分に豆食わなかったけど
やっぱ豆食べないから風邪引いたんだな

喉と鼻やられてます

先日たまたまつけたテレビで
恵方巻きの大量廃棄のニュースをみかけて
とても心が痛みました

食べ残し大国ニッポンは
どこまで馬鹿なことを続けるのかなぁ

「経済はそうやって廻ってるんだよ、この青二才めぇ!!」
なんていう戯言はもう聞きたくないねぇ

2011年の東日本大震災のときに
みんな気づいたはずなのに

結局同じことを繰り返してる
ニンゲンってそういう生き物なんだろう

忘れちゃうんだよね
強さでもあると思うけど

売上アップ→売り逃し危惧→販売予測見誤り→過剰在庫→売れ残り→大量廃棄
こうした現在の産業構造における
負のスパイラルはなんともならないのかなぁ

これからは利潤の追求だけが
企業の目的ではないと思う

自分は恵方巻きって食べたことないんだけど
(そういえば2月4日に義弟夫婦が遊びに来てくれたので手巻き寿司パーティした)

もともと大阪方面での習慣と認識していたけれど
ちょっとウィキってみると
1989年に広島のセブンイレブンで始まって以来の呼び名のようで
それ以前に「恵方巻き」という言葉は文献等で見つからないそうです

アイデア商品ということで
それはそれでいいんだけど

やっぱり食べ残したら
目が潰れるから


昨今はなんでも便利になって
欲しいときに欲しいものが手に入って当たり前の時代だから

手に入らないってなった途端
むちゃくちゃなクレーム言うバカな消費者もいるだろうから
お店も仕方ないのかも知れないけどね

売り切れゴメンくらいが
ちょうどいいんじゃないかなぁ

あとはこういう大量廃棄の報道を見て
「ウチはやりません!」
っていう店が出てきてもいいと思う

みんながみんな横一列になって商売する必要は
全然ないと思うから


ちなみに日本では食料廃棄によって
年間11兆円ほどの損失が出ているそうで

世界から5800万トンの食品を輸入して
およそ3分の1にあたる1940万トンを毎年廃棄しているそう
これは世界の7000万人が一年間食べていける量と言われている

飽食大国ニッポンって言えば幸せそうに聞こえるけど
ホントの豊かさって何だろうなぁ

世界で出る食品ロスで
飢餓に苦しむ8億人を救えると言われている

つい先日も食卓で不平不満を言った息子を
食事の席から外してしばらく反省させたけど

「ありがとう」の気持ちを忘れずに
美味しく楽しく頂けることに感謝しないと

食育だなんてたいそうな言葉が出てきて
食べることを教育するなんて
一見素晴らしいことのように思えてしまうけど

本当は馬鹿馬鹿しいことであって
本来当たり前のことだと思うんだけどね






終戦の日

8月15日は終戦記念日
明け方までオリンピックを観戦していて
ぼーっとしたままのアタマで正午に黙祷をした

父の死を境に玉木の親戚と疎遠になってから
檀那寺である名古屋市の徳源寺にお参りに行くこともなくなってしまったので

今では父の命日くらいしか書かなくなっていた写経で先祖供養

unnamed








3月29日に書いて以来だったので
全然筆が進まなくてツラかった

集中力も落ちていたけど
書き進むにつれて集中できてリズムが出てきた

毎朝の読経と写経を
父を墓に入れられなくなってからの
唯一の供養と決めて行ってきた

書き進める中で途中
久しぶりに憎しみも湧いてきたけれど
最後はすこし心が落ち着いた

それからなんとなく字を書いていたくて
終戦記念日ということもあり

阿南陸軍大臣の絶世の句
昭和天皇の終戦の詔の一文
そして山本五十六司令官の遺言を書き写した

unnamed1





かつて命を賭してこの国を守ろうとして果てた偉大なる人たちの言葉を
改めてかみしめていたら
この国の現状をまた少し憂うことになったけれども

先に写経をしていたこともあったのか
個人が自由に夢や希望を持てる今の時代で

政治や情報に目を向けることも大切だけど
それに振り回されて本来の幸せを見失うくらいなら

無関心という手段もまた
ひとつの真理なのではないかとさえ思った

もちろん国の行方に無関心でいるということは
とても大きな罪であることに代わりはないのだけれど

まずは個々が
自分自身が

やれるべきことをきっちりと行い
自分と自分の身近な人を笑顔にできるよう努め

そのためには現資本主義体制下においては
まずは経済的に自立をし家族を養うということが大前提だ

批判的精神はとても大切だけど
それが故に自身を律し目的に向かって歩みをおろそかにするようなことがないよう
気を付けなければいけないなと

今の自分を振り返って反省した
そんな終戦の日でした


大君の深き恵に浴みし身は 言ひ遺すべき 片言もなし
     陸軍大臣 阿南惟幾

時の巡りあわせに逆らわず 耐え難くまた忍び難い想いを乗り越えて
未来永劫のために平和な世界を切り拓こうと思うのである
     昭和天皇 終戦の詔勅より一文(口語)

ああ 我れ何の面目をして見えむ大君に
将之逝きし戦友の父兄に告げむ言葉なし
いざ待てしばし若人ら死での名残の一戦を
華々しくも戦ひてやがてあと追ふ我なるぞ
     日本海軍連合艦隊司令長官 山本五十六



アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
リリース情報
玉木"エゴッタマン"洋平
セカンドアルバム
『on the way』
おかげさまで200枚完売致しました!
御礼申し上げます
ライブ情報
2017年1月22日(日)
浜焼太郎経堂店
『エゴッタマン弾き語り』

2017年2月5日(日)
横浜クラブセンセーション
『グレゴリーペイジ来日ライブ』
エゴッタマングループ


ご意見・ご感想
ライブなどのお問い合わせは
egottaman@gmail.com
Twitter ときどきつぶやきます
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ