政治・経済

終戦の日

8月15日は終戦記念日
明け方までオリンピックを観戦していて
ぼーっとしたままのアタマで正午に黙祷をした

父の死を境に玉木の親戚と疎遠になってから
檀那寺である名古屋市の徳源寺にお参りに行くこともなくなってしまったので

今では父の命日くらいしか書かなくなっていた写経で先祖供養

unnamed








3月29日に書いて以来だったので
全然筆が進まなくてツラかった

集中力も落ちていたけど
書き進むにつれて集中できてリズムが出てきた

毎朝の読経と写経を
父を墓に入れられなくなってからの
唯一の供養と決めて行ってきた

書き進める中で途中
久しぶりに憎しみも湧いてきたけれど
最後はすこし心が落ち着いた

それからなんとなく字を書いていたくて
終戦記念日ということもあり

阿南陸軍大臣の絶世の句
昭和天皇の終戦の詔の一文
そして山本五十六司令官の遺言を書き写した

unnamed1





かつて命を賭してこの国を守ろうとして果てた偉大なる人たちの言葉を
改めてかみしめていたら
この国の現状をまた少し憂うことになったけれども

先に写経をしていたこともあったのか
個人が自由に夢や希望を持てる今の時代で

政治や情報に目を向けることも大切だけど
それに振り回されて本来の幸せを見失うくらいなら

無関心という手段もまた
ひとつの真理なのではないかとさえ思った

もちろん国の行方に無関心でいるということは
とても大きな罪であることに代わりはないのだけれど

まずは個々が
自分自身が

やれるべきことをきっちりと行い
自分と自分の身近な人を笑顔にできるよう努め

そのためには現資本主義体制下においては
まずは経済的に自立をし家族を養うということが大前提だ

批判的精神はとても大切だけど
それが故に自身を律し目的に向かって歩みをおろそかにするようなことがないよう
気を付けなければいけないなと

今の自分を振り返って反省した
そんな終戦の日でした


大君の深き恵に浴みし身は 言ひ遺すべき 片言もなし
     陸軍大臣 阿南惟幾

時の巡りあわせに逆らわず 耐え難くまた忍び難い想いを乗り越えて
未来永劫のために平和な世界を切り拓こうと思うのである
     昭和天皇 終戦の詔勅より一文(口語)

ああ 我れ何の面目をして見えむ大君に
将之逝きし戦友の父兄に告げむ言葉なし
いざ待てしばし若人ら死での名残の一戦を
華々しくも戦ひてやがてあと追ふ我なるぞ
     日本海軍連合艦隊司令長官 山本五十六



読み切れない自分のセンスに焦る

参院選が終わったね
相変わらず低い投票率を不思議に思いながら

おなじみお好み焼きを焼きながら
開票結果を追っていました

一言で改憲と言っても
9条や96条以外に軸になることはたくさんあるし
議員によっていろいろな思想主義主張立場があるだろう

自民党員にも
いろいろな考え方を持つ方がいるはずだ

それにしたって
戦後最大と言っていいくらい重要なことなのだから

徹底した議論をした上で結論に導いて欲しいという思いから
自分は野党を支持しているのだけれど

その思いは届きませんでしたねぇ

改憲については
最終的に国民投票で結論が出ることになりますが

今の投票率の低さで
果たしてどれだけの国民が投票するのだろうか
果たしてどれだけの国民がその意味を知った上で投票するのだろうか
果たしてどれだけの国民が自民党の改憲草案に目を通して投票するのだろうか

共産党の一人区からの撤退や
次に控える都知事選における野党統一候補の擁立

比例代表制という選挙システムの根本的な批判はおいといて
まずは思い切った作戦を打って

国の会議における議論のバランスを取り戻してほしいと思うのです

あとさ
石田純一はなんなんだろうと
最初まるで理解できなかったんだけれど

なるほど
自分のタレント生命を賭して
野党統一による打倒与党を掲げるために
自ら客寄せパンダを演じるために会見を開いたのか

それってすごいことだね
誤解してましたね

そして相変わらず与党の統制下にあるような偏った報道に
改めてウンザリ

世の中に流れている情報はすべて安倍放送局なんじゃないかと思います

原発反対を訴えて当選した
鹿児島県知事の当選も全然報道されないもんねぇ

世の中を見るセンス
流れを読むチカラ

自分のアンテナ張ってもっともっと磨かないと
こりゃダメだと痛感する日々です

都知事選と秋に迫るアメリカ大統領選
世の中が大きく動く2016年

目を離したら死を意味するくらいに
注目していこうと思います

あとこれを今一度
よくよく読み返しておこうと思います

index








自民党のホームページからダウンロードできます
https://www.jimin.jp/activity/colum/116667.html











戯言というガラクタの中に

特集されていたので
なんとなく買った雑誌と

帰り際にスタッフさんが
貸してくれた本

どちらもミナ ペルホネンのもの

7113870f-23cd-438a-bea2-45352b28542b








偶然か必然か
世の中ほとんどすべてのことは
必然的に起きているので

なんかあるんでしょうね
それがなにかはわからないけれど(笑)

ドローレが誕生してすぐの頃
白金にあるお店に飛び込みで営業したことがある

一枚も売れなくて
毎日商品抱えて街を歩き廻っていたころ

もちろん後日店長さんから手紙が送られてきて
丁重にお断りされたのだけど

とても丁寧な手紙を頂き感激した

皆川さんのモノ作りへの思いや人に対する対応が
ちゃんと末端のスタッフまで行き届いていた

その手紙がとても嬉しく勇気づけていただいたことをしたためて
返事を書かせていただいた

もし自分がいつか
共にドローレを盛り上げてくれるスタッフを抱えるようなことがあるのなら

そんなブランドでありたいなと強く思った

やっぱり大切なことは
人と人だと思っている

いくらインターネットが便利だからと言っても
そのおかげで世界中と繋がれた(実はリアルには繋がっていない)としても
絶対に人と人の直のふれあいだけは超えられない

僕はせめてもの最低限のマナーとして
ソーシャルネットワークやメールのやりとりでは
コメントを頂いた方には逐一心を込めて返事をする

僕がドローレドローレの運営において
不器用で非効率で泥臭いと言われようと
対面販売にこだわっている理由はそこにある

何かの記事で
そのうち販売員もロボット化されるなんていうのを読んだけれど
そんな未来や技術革新は僕は必要ないと思っている

お客様と接しているうちに
そのお客様に必要なものがウチの商品ではないと思えば
平気で他社を紹介する

そのときに勤務している百貨店になければ
自分の知っている小さな情報を出来る限りひっぱりだして
よそのお店を紹介する

そうしてお客様が本当に喜んでくれるのなら
僕もシアワセな気分になってしまう

そして売上が目標に届かなかったりすると
「あんときゴリ押しして売っておけば良かった・・・」
などと悔しがったりする小動物だ(笑)

でもね

そうやって人は
小さなシアワセを共有できる生き物だと信じている


女性政治家の電波停止発言が問題になっている
自分たちにとって都合の悪いことには徹底的にフタをしようという姿勢は
とても子供じみていて可笑しいね

僕が住む世界では
クレームや批判を頂いたときこそが
最大限のチャンスだと教えられてきたけれど

どうも永田町という場所は
まったく違う世界が拡がっていて

僕ら凡人の考える”常識”というものは通用しないようだ

きっとみんな未来人か宇宙人なんじゃないかな
上から目線で国民を支配しようとしているように見えるね

国を創るのは政治家だとホンキで思っているのかなぁ?
会社を創っているのは社長だとホンキで思ってる会社で働きたい?

マイナンバーも否定的だったんだけど
青色申告に必要だったから渋々国の方針に従う小市民だよ

ちゃーんと仕組まれていたね(笑)
やっぱりお偉いさんたちがアタマいいや♪


インターホンが鳴った

たまに在宅で仕事していると
NHKの集金がくるからウザいんだよね

仕事が忙しいので(実際にはブログを書いているので)
居留守かましますが

2004年の不祥事以降
やはり信頼できないよねぇ

放送法を盾に玄関先でいろいろハナシを聞かせてもらうんだけどさ

ましてや「政府が右というを左といえぬ」というのが
今の会長の方針なんだからなおさらねぇ

ミナからインターネット、人とロボット
そして政治とNHK

一見脈絡のない今日の戯言だけど
僕の中では全部繋がっているのでご安心を(笑)

それに否定的でも諦めでもなくて
すべてに対して前向きです

日常に追われてついつい増えていく忘れ物を
時折こうして拾い集めておくということも必要










どうしようもなけりゃ笑うだけ

フランス・パリで
こんな広告が貼りだされているらしい

IMG_2755












どうすんだろうねぇ
アベちゃんは

水木しげるさんが亡くなって
遺された作品に込められた氏の思い

本当に大切なものは何かを
改めてみんなが考え直す機会となっている

『どうしようもないことは
  どうにでもなっていいこと』

ブルーハーツも歌ってる

どうでもいいか!
どうしようもないもんね!

オレさ
もう一回何も知らなかった頃に戻りたいよ

知らなくていいことは
きっと知らないままでいいんだよ

だってもし
自分の子どもがこの先何年かで
甲状腺ガンになっても

その原因はフクシマからの放射能ですなんて
どのお医者さんも断定なんて出来ないでしょ?

そういう運命が訪れるかも知れないってことを
そういう哀しみと直面しなきゃいけないかも知れないってことを

少しずつ少しずつ
覚悟を固めているつもりだけど

きっと本当に直面したら
ジタバタするんだろうな・・・

でもきっと
どうしようもないよね!

だから笑って生きていこう♪

2015年7月15日

2015年7月15日
来月8月15日には終戦70周年を迎える1か月前のこの日

衆院特別委員会において
かねてから自民党が推し進めてきた安全保障法案が
大混乱の中強行採決された

ちなみにそのドサクサに紛れて
伊方原発の再稼働が許可されている

もうこれは
予め出来上がったストーリーだから
今さらどうこう言うこともすることも出来ないのだけれど

元はと言えば
3割強しか選挙に参加しなかった国民の責任でもあるので
俺も含めて今さらあーだこーだ言えないよね

たとえ日本が戦争を出来る国になったとしてもね
みんなで決めた人が決めたことだからね

ただ唯一
”みんなで”じゃないところが残念なんだよね

”みんなで”どころか”ごく一部の人たち”が決めた人が
この国をどんどん別の国に変えていくようなそのやり方が
本当に解せないのだよな〜

公明党も期待通りに日和ったしね
民主党はプラカード作るので精一杯だったね
デモする国民と同じレベルのことを
税金使って国会の場でしてほしくないよな〜

俺なんかとくらべものにならないくらい
皆さんアタマのいい人たちなんでしょ〜?

学級会じゃないんだからさ〜

自民党が作ったこの安全保障案の
一体何が戦争法案なんだろうかと言う点について

国家安全保障基本法案の肝となるであろう
第10条を改めてよく読み返してみたんだけど

読み方次第でいろいろ解釈ができそうな文面が
つらつらと書かれているけどさ

要するに

いざとなったらやり返しますよ
と解釈できるように書かれている(ようだ)

その上で国会では
口がすべったかなんか知らないけど

「先制攻撃もあり得る」

なんて言葉も飛び出している(そうだ)

ほんで「集団自衛事態法」なるものが出来て
96条とか9条とかの憲法解釈を変えるような誘導をし
最終的には日本を戦争ができる(表向きには集団的自衛権が行使できる)国

にしようというのが安部総理のストーリー

ホンマかっ!?
知らんわっ!!

実際のところどうなるか
それは実際そうなってみないとわからない

っていう雰囲気も感じる

安倍さんはあくまでも戦争回避と言っているからねぇ
でもこの法案を使って相手国(どこか知らんが)を牽制していることには変わりないわけで

もうその時点で
平和憲法そっちのけ

なわけだと思うのだ(オレはね)

いろんな人が
いろんなことを言うから

もうアタマじゃなくてココロで判断していったほうが
これからは賢明だと思う

アタマじゃわからん(笑)
ココロは明らかに「おかしい!」って叫んでるよ

「思ってるんとちがうーっ!」って
ココロは叫んでるよ

そういうわけで
戦後70周年までひと月となったこの日
日本は戦前に戻った(と思っている)

そしてその事実を
NHKは中継しなかったという
本当に報道規制が敷かれた戦中のような今のニッポン
あまりにも哀しいじゃないか

もうホントに放送料払わないからねっ♪

おまけに夜には『新国立の予算削減!』
なんて記事をネットで流して国民の意識を逸らそうとしたりしている

本当は
国会のデモに向かおうとしたけれど

そこはやっぱりオレは歌い手

知り合いのバーのオーナーに頼み込んで
急遽単独ライブを強行させて頂きました

IMG_9153






小さな町の小さな店で
大きな声で歌ってきたよ1時間20分

オーナーと生対談もはさみつつね♪

=Set List=
1.no more
2.On the way
3.風に吹かれて(ボブ・ディラン和訳カバー)
4.マイ・バック・ペイジズ(ボブ・ディラン和訳カバー)
5.とんでもない世の中だ(斉藤哲夫)
6.赤い大地
7.ハンキ―パンキー(ハナレグミ)
8.JUMP(忌野清志郎)
9.イマジン(ジョン・レノン和訳カバー)
10.救いの歌(ボブ・マーリー和訳カバー)
11.Kathy's Song(サイモン&ガーファンクル)

オリジナルもカバーも
基本反戦歌を中心に構成しました

ラストのKathy’s Songはラブソングだけど

祖国に残してきた愛する人を想いながらも
今まで積み重ねてきたものがすべて無駄なもののようであったり
信じて来たものが間違いのように感じたり
それでもたった一つの真実は君だという歌詞に

今の日本の現状を重ねあわせていました
平和になるための最後の砦は性欲だからね

セックスだよ、君
セックス!!

IMG_3953






たった一人で歌ってきたことが
いったい何のためになるのかなんて
オレには分からん

歌いたいと思ったから歌った
歌わなきゃと思ったから歌った

unnamed











こんなものは
どこかに忘れ去ってしまったのかも知れないね


アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
リリース情報
玉木"エゴッタマン"洋平
セカンドアルバム
『on the way』
おかげさまで200枚完売致しました!
御礼申し上げます
ライブ情報
2017年1月22日(日)
浜焼太郎経堂店
『エゴッタマン弾き語り』

2017年2月5日(日)
横浜クラブセンセーション
『グレゴリーペイジ来日ライブ』
エゴッタマングループ


ご意見・ご感想
ライブなどのお問い合わせは
egottaman@gmail.com
Twitter ときどきつぶやきます
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ