家族

夢枕

夢枕て言うの?

親父が出てきて
たくさん話した

人は死んでしまってからも
まだまだたくさん
語り合えるんだな〜

親父は
サラリーマン時代に
よく着ていた

お気に入りの
紺のブレザー

去年
ポール・マッカートニーのライブに
行く途中に

お前も一本くらい
オーダーのスーツかジャケット
作っとくといいぞ

って言ってたヤツだ

身体によく
馴染んでる

癌で痩せる前の
身体に戻れたんだね


ウチのダイニングで
麦茶を美味そうに飲みながら
俺の話しを聞く親父がいた

「亡くなった人にこんなこと言うのもさ〜」

俺はそんなこと言いながら
親父が死んでから
この数ヶ月に起きたことを
話してる

笑ったり
泣いたりしながら

「そんなことがあったのか…」

いい話しには嬉しそうに
イヤな話しには哀しそうに


親父は麦茶の入ったコップを
見つめながら

頷いている

「洋平、麦茶もう一杯、もらうな」

そう言ってキッチンに
入ったきり

消えていなくなっちまった

死んでまで心配かけて
ゴメンなぁ親父

でも

誰にも話せないこと
全部聞いてもらえてスッキリしたわ

おかげで答えがすーっと
降りてきたよ

ありがとう

色即是空、空即是色

『ブラジルのネイマール選手って
洋平そっくりね!』

と母からメールが来ました
エゴッタマンです

早くブラジルに
移住しよう

そうかと思えば

『お母さんが気に入ったから
この仏壇にしようと思うんだけど!』

と妹からLINEが来るし

unnamed (5)











気に入るとか
気に入らないとか

コレに関しては
まったくわかりませんが

たぶんお仏壇のはせがわさんとかに
行ったなら

オレもいろいろ
気に入ったり
気に入らなかったり
するんだろうと

思います

そういうところが
親子なんだろうなと

思うんだけどね(笑)

親父が死んで
今月で3か月になりますが

死んでしばらくは
毎晩のように夢に出てきた親父も

49日を過ぎて
極楽浄土へ旅立ったのか

最近はまったく出てこなく
なりました

最後に出てきた夢では

向こうのほうから
なぜかチャリンコに乗って登場し

「洋平、父さんもう大丈夫だから」

って言って走り去りました
極楽へはチャリンコで行くのか

そんな父を見送って振り向くと
親父の2週間前に亡くなった祖母が
とても安らかに笑っていて

「おばあちゃん、父さんもう大丈夫だって!」

と言うと
ニッコリ笑ってうなずくというものでした

自転車に乗っていた父は
死んだときより

2〜3年若返っていました

これも
毎朝般若心経を唱えて
父に手を合わせているからかなと

少し自分を慰めるのでした

unnamed (9)











そんな父と祖母が見守ってくれているのか
先週11日から始まった

Drole meets ISETAN
もいよいよ最終日

おかげさまで
たくさんのお客様にご購入頂きました

たくさんの出会いを
たくさんのご縁を

本当に有難うございます

とても充実した
1週間を過ごすことが出来たました


ご来店頂いた皆様
応援してくれている皆様には

この場を借りて
厚く熱く
御礼申し上げます

すぐにリセットして
イベントは続きます

6月22日(日)
エゴッタマングループLIVE
新宿ソウルキッチン

6月25日(水)〜7月1日(火)
Drole meets GINZA MITSUKOSHI

皆様にお会いできるのを
楽しみにしています




ラプソディー

今日は親父の
最初の月命日で

ばあちゃんの四十九日

この一か月
何を思って
何を感じて
何をしてきたのだろう

思えば
ドタバタだった

いつだって
ドタバタなんだけど

この年度末年度初めは
今までにないくらいに

ドタバタだった

それはとても
幸せなことだ

人は何かをしなければ
生きていけない

立ち止まっては
生きていられない

マグロだな・・・笑

立ち止まると
体験したことのない哀しみと喪失感が
襲ってきた

なあ親父

人は死ぬと
とても美しくなるんだな

思い出がどれも
キラキラと輝いて

蘇ってくるよ

今まですっかり忘れていたことも
片時も忘れたことなかったことも

すべてが輝いているよ

生きているときには
分からないことが

たくさんあるんだな

思い出は美化される
なんて

そんな簡単な言葉では
片づけられないくらい

美しいよ

 



バンドマン
歌ってよ 今夜もまた


楽しい夜はまたやってくる


さあライブです

〜鳥井賀句プレゼンツ〜
忌野清志郎5周忌追悼ライブ
2014年5月2日(金)
横浜クラブセンセーション
http://sensation-jp.com/schedule/9156/
OPEN 18:30 START 19:00
前)¥2000 当)¥2500 (1ドリンクオーダー)
【出演】
PEACOCK BABIES
michiaki(TENSAW) session BAND
ROSETTA
次郎長兄弟
エゴッタマングループ

RCサクセションのカバーも交えて
熱いライブをお送りしますよ♪

 

がんばれがんばれ

大阪に来ています

半年前に来た大阪でも
この曲をよく聴いていました



親父がいなくなった今
なおさら沁みる曲になりました

今は

というよりいつもですが

特別今は
がんばりどころです

がんばります 

仕事を終えて家に帰ったら
子供たちを抱きしめてやりたい

両手いっぱいの
お土産を買って帰ってあげようか 

見張り塔からずっと

2014年3月29日
4年間の闘病の末に

親父が逝きました

2010年3月31日
自身の62歳の誕生日に
ガンであることを電話で僕に伝えてからちょうど4年

2014年3月31日
66歳の誕生日が告別式となりました

澄んだ青空と
満開の桜に見守られて

生前お世話になった
とても多くの人に見送られて

そんな父の
誕生日と旅立ちを

喪主として
精一杯つとめてきました

大好きだった
ビートルズを流して

最後は高校時代に親父にねだって
初めて買ってもらった
2万円のアコギをかき鳴らしながら歌って送りました

ありがとう親父
またね

もっと親父と話したかった
もっと親父に甘えたかった

もう叶わないけれど
最後は僕の願いを受け入れて
抗癌剤をやめてくれたね

全身ガンに侵されながら
痛みも苦しみもなく

最期は

「もういいや、疲れた。
みんなじゃーね。さようなら」

ちゃんと別れの言葉を
残してくれた

そして静かに
眠ったね

お疲れ様です

エゴッタマンプロデュースの
葬式を楽しんでくれたかい?

喜んでもらえたかい?

弔問、会葬にいらしてくれた方は
皆さん口をそろえて

「いい式でした。最高でした」

って泣き笑いながら帰ってくれたよ

親父にあんなに友達がいるなんて
知らなかったよ

嬉しかったよ

幕引きの素晴らしさ
誇りに思いました

生前の親父の行いと
たくさんの人のおかげだね

IMG_1670






毎年クリスマスには
孫たちにたくさんのお菓子をありがとう

IMG_2278






一昨年のゴールデンウィーク

IMG_2279











多聞が生まれる直前に
会いに行ったね

IMG_4281











去年のゴールデンウィークには
多聞の初節句祝いに駆け付けてくれて

IMG_4283











あちこち散策したね

夏には家族全員12人で
浜名湖旅行に行けて

IMG_5252











秋には汐音の保育園最後の運動会に
駆けつけてくれた

IMG_5662











11月に2人で行ったポール・マッカートニーは
最高だったよ!

このブログでは
いつもチチローと名乗って
応援してくれたね

いろんな意見交換もできた
政治やこれからの日本についても
議論できた

ドローレ・ドローレを
心から応援してくれた

IMG_5989











正月にはまだ
地元の神社の200段くらいの階段を
多聞を抱いて登れたのに

2月に仕事のついでに会いに行ったときには
少し足を引きづって歩きづらくなっていた

それでも焼肉とうなぎが食べたいっていうから
付き合った俺のほうが胸焼けしたくらいだよ(笑)

3月おばあちゃんの葬儀では
立ってるのがやっとなのに
そんなそぶりを一切見せずに
立派に喪主を果たしたね

立派だったよ
本当に

そのときはもう
すっかり肉が落ちてしまって

次はないなって思ってしまって
なかなか帰れないでいたら

帰り際に

「洋平」

ってベッドの中から
右手を差し出して握手してくれた

きっと親父もわかっていたんだね
その握手から2週間

火曜日に入院して

水曜日の朝に

「これから独立祝いを送金するから」

って電話くれた直後に下血して

仕事をやっつけて
大急ぎで横浜から新幹線に飛び乗って
やっと病院に駆け付けた時は

まだまだ元気だったじゃないか

木曜になって
かなり呼吸が辛くなってきたけど

肺にたまった水を少し抜いたら
呼吸も楽になって

金曜の朝には
すっかり良くなって
いろんな話をしたじゃないか

転校が多かったことを
親父は申し訳なく思っていたけど

そのおかげで
今の玉木洋平という人間の
礎が出来たんだよって

いろんな町に
たくさん友達が出来たよって

俺は恨んでなんかないよって

俺の話をたくさん聞いて
いつもと同じように
たくさん頷いてくれたじゃないか

だから安心して
日曜にはいったん自宅に帰ろうかと
思っていたのに

土曜に病室に行ったときには
もうぐったりして

声もほとんど聞き取れなくて

ただただ
手を握って

やっとの思いで

「ドローレがんばるから」

って伝えたら

そのときだけ
目をしっかりと見開いて

「うん!」

って最後に大きく頷いてくれた

そしてみんなに

「さようなら」

って一言残して

貴方は永い眠りについた

計器のすべての数値がゼロになった瞬間を
俺はきっと一生忘れない

辛かったね
苦しかったね
怖かったね
不安だったね

でも

最期数か月
愚痴ってくれて

ありがとう

素直に怖いって
言ってくれて

ありがとう

親父が逝くまでに
4年という心の準備期間を
用意してくれて

ありがとう

何も力になれない息子で
ごめん

ひと月の間に
祖母が逝き
親父が逝き

玉木家の長として
たくさんやらなければならないことがあるから
哀しみも紛れると思います

叔父や親戚の皆さんの力を借りながら
玉木の家を守っていきます

親父に教わったことを
親父が残してくれたものを
次の世代にしっかりと伝えていきます

どうか安心して
ゆっくりと眠ってください

IMG_6546











ゴールデンスランバー
眩い光の中でまどろみながら

それでも
天国の見張り塔から
俺たちのことちゃんと見ててください



サヨナラから始まることが
たくさんあるから

IMG_6534[1]



 
アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
リリース情報
玉木"エゴッタマン"洋平
セカンドアルバム
『on the way』
おかげさまで200枚完売致しました!
御礼申し上げます
ライブ情報
2017年1月22日(日)
浜焼太郎経堂店
『エゴッタマン弾き語り』

2017年2月5日(日)
横浜クラブセンセーション
『グレゴリーペイジ来日ライブ』
エゴッタマングループ


ご意見・ご感想
ライブなどのお問い合わせは
egottaman@gmail.com
Twitter ときどきつぶやきます
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ