エゴッタマングループ

なんのために歌うのかなんてもうどうでもいいのだ

週末のライブに
久しぶりに家族が観戦に来てくれた

翌日も早くからバスケの練習だし
無理しないようにって言っといたのに

子供たちが観たいと言って聞かなかったそうだ

僕の歌を聴く汐音と花凜と多聞

最近書いた曲の題材は
この子たちが悩んだり苦しんだり時に大きな喜びを手に入れたりし
ながら

喜怒哀楽を親子で共有しながら
少しずつ人として成長して来た日々を描いたものばかりで

もちろん子供たちはそんな事など知らないのだけど
届け、父の想い!

そんな気持ちで歌いながら
途中少し感極まるものがあった

いつか
子供たちが好きなものや人を見つけて
それを自信を持って好きだと言える人生を歩いて欲しくて
そんな世の中であって欲しくて

パパは音楽が大好きだよと
子供に言って聞かせながら
どこかで自分に言い聞かせながら
ここまで歌って来たような気がする

そんな言い方をすると
一見子供たちのために歌っているように聞こえるかも知れないけれ

決してそんな事ではなくて

基本自堕落でダメ人間な僕が
父親として僕にできることは限られていて
それは歌だと信じてやってきた

もしかしたら
それはただの自己満足に過ぎないのかも知れない

でもその思い込みのおかげで
ここまでやって来れたのも確かなんだ

そしてもう一つこの夜気づいた
僕は自分の意思で歌ってきたつもりでいたけれど

今となってはこの子たちに
歌わせてもらっているんだと

詩もメロディも
この子たちがいなかったら
もう僕には書けないし書く必要がない



汐音、花凜、多聞は
バスケという大好きなものを見つけた

いつまで続くかは分からないけれど
今この瞬間の情熱と輝きは
生涯の宝になるだろう

そしてその情熱と輝きに敵うものを
僕はもう持っていない事に気づかされてきた

子供たちにとって必要なものは
歌を歌う父親ではなく
バスケの活動をバックアップしてくれる父親だ

だからもう降りようと思っていた
8月の横浜のライブを最後にしようと考えていた

田中ヤッチさん、湯川ト−ベンさん、松本淳さんの
EGGにコテンパンにされてスッキリ終わろうと考えていた

でも出来なかった

曲が湧いてきてしまった
スタジオやステージで未だ色褪せない
初めての時のあの感覚が
やっぱりとても心地よかった

スタイルは違うけれど
いつか自分も対バンしたEGGのような
観客を圧倒するような自分だけのグルーヴを見つけたいと思った

そして何より
音楽やってこなかったら得られなかったであろう
僕の周りの全ての尊敬し愛すべき
ミュージシャンや音楽ファンの方々

そんな僕の財産を手放す勇気がなくて
やっぱりもうしばらく
音楽の世界にしがみついていようと思った

そんな事を思わせてくれたのも
やっぱり子供たち

「わたしたちも頑張るからパパも頑張って」

少し思春期に入った汐音が
そんなメッセージを届けてくれたような気がした

IMG_6728

Rockin' Raw Music Vol.14

19598551_1541013192641736_8594661877729808593_n








トム・ペティトリビュートのイキオイそのままに
今週金曜はエゴッタマンプレゼンツ
『Rockin' Raw Music Vol.14』です

YukoKato








今回のトップバッターは
ベリーダンスのYUKO!!

妖艶なダンスで
フロアと男たちのハートを熱くしてくれることでしょう!


ダンス天国














そして老舗ロックンローラー
ザ★ダンス天国!!

ドラムの桑島くんとは
以前彼が在籍していたミッドナイトランブラーズ以来の再会で
その時の縁のおかげで今回の対バンとなりました

ありがとう!クワジマン!!



石井明夫















そしてついにRRMに石井明夫BAND OF BAKSISが登場!!
明夫さんとは5〜6年前の吉祥寺曼荼羅で初めて対バンさせて頂いて
昨年4月新宿ソウルキッチン閉店前最後のライブで再会

ちゃんとオレのこと覚えていてくれて
「今日はエゴッタマンとイトーちゃんに会えるの楽しみにしてたんだよぉ〜」

なんてことを言ってくれるもんだから
たいていの男はこの人のことを大好きになってしまうのだと思う



明夫さんが歌う「ハレルヤ」
是非生で感じて欲しい

そんでもって我々エゴッタマングループは
現在新曲ラッシュ!!

今回もお初のあの子を紹介するよ♪
乞うご期待!乗り遅れちゃダメだよ♪

2018年1月26日(金)
横浜クラブセンセーション
OPEN18:30 START19:00
¥3000(2ドリンク付)

ご来場お待ちしてます!!


音の絆

昨夜横浜寿町音小屋で
8月のライブが無事すべて終了

2月のグレゴリー・ペイジ来日ツアーでの前座
4月に横浜と東京で開催したアルバムリリースパーティ
6月のイトーちゃんとの東北ツアー
そしてベイホールでのサマフェス

とても充実した半年間だったと思います

その締めくくりに
横浜のアコースティックユニット地下水道との縁で
寿町の音小屋でライブ出来たのはもうサイコーだ

「いい音を鳴らしたい」
ただその一心で活動を続けさせてもらってるんだけど

「いい音を共有したい」
という思いもやはり強くなっていくもの

バンドのメンバーはもちろん
聴きに来てくれるお客さんに
自分たちの音を受け止めてもらいたい

そのためのライブでありレコードであるということは
嘘偽りのない正直な思いだもんなぁ

練習だってするし
バンドマンだし

そのためにも
バンドの鮮度を大事にしつつ
熟成期に入ってきていることを実感しつつ
また新しいチャレンジに向かいたい

そうやってお客さんを「あっ!」と驚かせたい
いつもそんなことばかり考えてます

ちょっとモヤモヤしたりもするし
不安になることもある

だけど付き合ってくれるメンバーと家族がいるし
応援してくれる人もいる

前に進むことを止めちゃいけないんだよ、きっと
後退しているように見えるときでも絶対進んでると信じて音を鳴らす



アルバムリリースしてから書き溜めた曲は
10数曲になっていて

最終的には20〜30曲くらい書いて
その中でバンドにふるいにかけてもらおうと思っている

というよりやっていく中で
自然とバンドにハマる曲が残っていくんだと思う

バンドが似合う曲、弾き語りがいい曲いろいろある


昨日やった新曲は
そんな中の一曲なんだけど

あの一曲が追加されただけで
ライブの構成にかなりのアクセントをつけることが出来たと思う

(その新曲をやる順番を飛ばしたのはオレです)

終演後ステージの袖で着替えながら
ドラムの久保田さんと

「もっとやりこめばどんどん遊べそうだね!」

って話になって曲の可能性も感じている
そういうメンバーとの共有もバンドならではだと思う


先日中学時代の野球部の親友と20数年ぶりに再会した時に

「野球は思いやりのスポーツだと思う。
相手が取りやすいところに取りやすいボールを投げる。
たった一人マウンドに上がるピッチャーにみんなで声をかける。
孤独な打席に向かうバッターの背中を押す。
チームスポーツなのにひとつひとつの局面では
必ず一人一人にスポットライトが当たる。
ファインプレーもエラーもヒットもホームランも三振も必ず目立つ。
逃げ場所がないから”一人じゃないよ”と声を掛けあって連帯感を出す」

彼は甲子園に出て大学ノンプロそしていまは大学のコーチ
野球道をひたすら走っている彼にそう聞かされて
とても説得力があったしとても感動した

もしかしたらバンドも同じかも知れない
ボーカルはチームのエースだ
それを支えるドラムがキャッチャーで
ギターは遊撃手だな

アイコンタクトや無言のやり取りや音のキャッチボールの中に
バンドのメンバー間に存在する信頼関係と思わずニヤリとする瞬間
グルーヴはそこからしか生まれない


秋からのライブで自分たちにどんな変化が訪れているか
また楽しみになったりもしているのです

しばらく地方で演奏してきます
仙台と山梨のイベント出演です

関東では10月に池袋と横浜です

池袋は音楽評論家・鳥井賀句さんのイベント
THE SHAKESの黒水伸一さんも出演されます
お会いするのが今からとても楽しみなのだ!

そして横浜はおなじみエゴッタマン企画・Rockin' Raw Music Vol.13
横須賀からGOODRICH、本牧からMARTHA DARTHAが来てくれます
どちらも絶対オススメの夜になりますので遊びに来てください!

IMG_1813










祝・全国発売

本日5月1日
エゴッタマングループの1stアルバムが全国発売となりました♪

タワーレコードオンライン
http://tower.jp/item/4468225/EGOTTAMAN-GROUP

Amazon
https://www.amazon.co.jp/EGOTTAMAN-GROUP/dp/B06XHJFJC9%3FSubscriptionId%3DAKIAIHQZTXT4T5YYPGRQ%26tag%3Dlivehousecom-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB06XHJFJC9

TSUTAYAオンライン
http://shop.tsutaya.co.jp/cd/product/4525118067722/

などなど
各オンラインショップならびに店頭にてお求めいただけます
(ただし店頭でのお求めは取り寄せになります)

そして先日4月22日のレコ発ライブ東京会場の模様を
平田愛さんにレポートして頂きました

当日お越しになれなかった皆さまに
雰囲気が伝わればと思います

ご一読ください♪


=エゴッタマン・グループレコ発レビュー=
2017年4月22日(土) HEAVEN青山 文と写真:平田愛

18118974_1824943467767328_5888646717921474958_n






2017年4月22日、雨の外苑前。
私にとって、外苑前は特別な場所。
東京で年に1度、お囃子を聴きながら郡上踊りが踊れる大切な場所。

故郷の匂いや味や音を楽しめる場所なのだ。


でも今日は、ロックを求めて来た。
ロックを聴きに、外苑前のHEAVEN青山へと来た。
ギターの音とドラムとベース、お酒と何かを求めて。
その何かが分からなくても、きっとロックが教えてくれる事だけは分かっている。


昨年6月クローフィッシュ赤坂で玉木洋平君の声に痺れてしまって以来、彼の歌声に会いに来たのは、

今日が彼のバンドEGOTTAMAN GROUPの1stアルバム発売記念のライブだからだ。


EGOTTAMAN GROUPのライブは初見だ。でも、ペンとメモとビールを手に期待しかない。

DJKUME氏が作り出すBGMに、期待が安心に変わっていく。


Bob Dyranの『雨の日の女』が掛かった瞬間に、時計を見なくてもここからが今日の始まりだとわかった。
昔からのEGOTTAMAN GROUPファンみたいな気分になった。

セットリスト、必要かな?いらないね?
レビューにセットリストを載せるのは、文字数稼ぎが必要だからだ(極論)。

私がセットリストまで書いてると、文字数が多過ぎて誰も読んでくれなくなるから。それは困る。


ゲストとして演奏した高木栄一郎氏が、

「EGOTTAMAN GROUPの『流星』という曲を初めて聴いた時、俺の曲だ!と思った」

とMCで語り会場の笑いを誘っていたその曲からのスタート。


こんなに懐かしくて哀愁が漂うのに、愛が溢れるロック。これは、誰もが自分の曲だ!って思うかもしれない。初っ端から鼻の奥がツンとしてしまう。


もしもEGOTTAMAN GROUPのアルバムを手に入れたら、メロディは勿論、歌詞をしっかりと感じて欲しい。

美しい日本語が散りばめられている。花や風や信じる事や歌や生や夢が、存在する。

セックス・ドラッグ・ロックンロール。
ロックが如何わしい魅力で、若者を魅了していた時代があった。
だけど、若者達は分かっていた。
ロックが如何わしいんじゃない。
ロックを如何わしいと感じる大人が如何わしいんだ。
僕達は、そんな如何わしい大人にならない。
その反抗と覚悟達が、ロックをもっともっと魅力あるものにした。
そのロックが、此処にある。
この瞬間に、そのロックを感じる。


EGOTTAMAN GROUPは、そのロックを感じさせてくれる。
そのロックじゃなきゃダメなんだって事を思い出させてくれる。


あっという間の60分。
揺れる。歌う。笑う。歌う。
アンコールになって、ずっと気になっていたタイトルがやっとステージから飛ぶ。
『ロックの奴隷』

そうだ、私も『ロックの奴隷』だ。
私のSGの弦は錆びて、埃を被っているけれど、間違い無くロックの奴隷だ。
ライブ前に求めていた何かの答え、それが『ロックの奴隷』だ。

手放す事の出来ないスマートフォンの中には、数え切れないロックが詰め込まれている。
昨日も今日も明日も来年も10年後も死ぬまでロックを聴き続けているだろう。

ロックが無ければ、今の自分は存在しない。

そして今日、私のロックのライブラリに、EGOTTAMAN GROUPが追加された。


【追記】

EGOTTAMAN GROUPのギタリスト毒イトー氏の『いいんだぜ』ファンにとってはお馴染みだろう。

この曲については、文字にしたらダメなのは分かってる。でも、書かせて。

世界の神様仏様の誰よりも優しく寛大な許し(赦し)を得られる、こんなにバカバカしい曲は、他に無い。

最高にロック。こんな神様ソング、聴いた事がない。


多分(絶対)ライブでしか聴けないから、みんな、絶対ライブで聴いて!一緒に歌おうよ!



【2017.4.22.HEAVEN青山セットリスト】

Opening S.E. Rainy Day Woman(Bob Dylan)

1.流星

2.デッドフラワーズ

3.転がる石のように(Bob Dylan)

4.赤い大地

5.石畳に咲く花

6.いいんだぜ(中島らも)

7.Starting Over(John Lennon)

8.Feel

9.ビューティフルデイズ

アンコール

1.ロックの奴隷

2.シングルフラワー



プロモーション音源

エゴッタマングループ
アルバム制作もいよいよ終盤

ついに昨日
プレスメーカーにマスター音源と印刷用データを入稿しました!

やーっ!
オレよくやったー!

最後は半徹もしつつの
パッケージデザインの仕上げでした

何度も何度も校正したけど
ミックスダウンと同じで最後はよくわからん!

無事納品されるのを
待つばかり!

神様よろしくお願いします!!

ということで
完成までの間

皆様にはこちらでプロモーション音源をお楽しみください♪



エゴッタマングループ1stアルバム
『エゴッタマングループ』¥2160(DRLR-001)
2017年4月発売!!

レコ発ライブもやります!
是非ご来場ください!!

16996470_1299516040134136_3999437495536224431_n



アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
リリース情報
EGOTTAMAN GROUP
1st Album
『EGOTTAMAN GROUP』(DRLR-001)
\2000+TAX
ライブ会場、タワレコ、アマゾン等
オンラインショップで発売中!
ライブ情報
2018年9月8日(土)
山梨Northland Camper's Village
エゴッタマングループ
SHIME他

2018年9月29日(土)
横浜THE CLUB SENSATION
タマ・ペティ&ブロークンハーツ
KEIKO WALKER BAND

2018年12月15日(土)
渋谷テラプレーンブルース
エゴッタマングループ
錆びたアレ


ご意見・ご感想
ライブなどのお問い合わせは
egottaman@gmail.com
Twitter ときどきつぶやきます
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ