ボブ・ディラン

祝・全国発売

本日5月1日
エゴッタマングループの1stアルバムが全国発売となりました♪

タワーレコードオンライン
http://tower.jp/item/4468225/EGOTTAMAN-GROUP

Amazon
https://www.amazon.co.jp/EGOTTAMAN-GROUP/dp/B06XHJFJC9%3FSubscriptionId%3DAKIAIHQZTXT4T5YYPGRQ%26tag%3Dlivehousecom-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB06XHJFJC9

TSUTAYAオンライン
http://shop.tsutaya.co.jp/cd/product/4525118067722/

などなど
各オンラインショップならびに店頭にてお求めいただけます
(ただし店頭でのお求めは取り寄せになります)

そして先日4月22日のレコ発ライブ東京会場の模様を
平田愛さんにレポートして頂きました

当日お越しになれなかった皆さまに
雰囲気が伝わればと思います

ご一読ください♪


=エゴッタマン・グループレコ発レビュー=
2017年4月22日(土) HEAVEN青山 文と写真:平田愛

18118974_1824943467767328_5888646717921474958_n






2017年4月22日、雨の外苑前。
私にとって、外苑前は特別な場所。
東京で年に1度、お囃子を聴きながら郡上踊りが踊れる大切な場所。

故郷の匂いや味や音を楽しめる場所なのだ。


でも今日は、ロックを求めて来た。
ロックを聴きに、外苑前のHEAVEN青山へと来た。
ギターの音とドラムとベース、お酒と何かを求めて。
その何かが分からなくても、きっとロックが教えてくれる事だけは分かっている。


昨年6月クローフィッシュ赤坂で玉木洋平君の声に痺れてしまって以来、彼の歌声に会いに来たのは、

今日が彼のバンドEGOTTAMAN GROUPの1stアルバム発売記念のライブだからだ。


EGOTTAMAN GROUPのライブは初見だ。でも、ペンとメモとビールを手に期待しかない。

DJKUME氏が作り出すBGMに、期待が安心に変わっていく。


Bob Dyranの『雨の日の女』が掛かった瞬間に、時計を見なくてもここからが今日の始まりだとわかった。
昔からのEGOTTAMAN GROUPファンみたいな気分になった。

セットリスト、必要かな?いらないね?
レビューにセットリストを載せるのは、文字数稼ぎが必要だからだ(極論)。

私がセットリストまで書いてると、文字数が多過ぎて誰も読んでくれなくなるから。それは困る。


ゲストとして演奏した高木栄一郎氏が、

「EGOTTAMAN GROUPの『流星』という曲を初めて聴いた時、俺の曲だ!と思った」

とMCで語り会場の笑いを誘っていたその曲からのスタート。


こんなに懐かしくて哀愁が漂うのに、愛が溢れるロック。これは、誰もが自分の曲だ!って思うかもしれない。初っ端から鼻の奥がツンとしてしまう。


もしもEGOTTAMAN GROUPのアルバムを手に入れたら、メロディは勿論、歌詞をしっかりと感じて欲しい。

美しい日本語が散りばめられている。花や風や信じる事や歌や生や夢が、存在する。

セックス・ドラッグ・ロックンロール。
ロックが如何わしい魅力で、若者を魅了していた時代があった。
だけど、若者達は分かっていた。
ロックが如何わしいんじゃない。
ロックを如何わしいと感じる大人が如何わしいんだ。
僕達は、そんな如何わしい大人にならない。
その反抗と覚悟達が、ロックをもっともっと魅力あるものにした。
そのロックが、此処にある。
この瞬間に、そのロックを感じる。


EGOTTAMAN GROUPは、そのロックを感じさせてくれる。
そのロックじゃなきゃダメなんだって事を思い出させてくれる。


あっという間の60分。
揺れる。歌う。笑う。歌う。
アンコールになって、ずっと気になっていたタイトルがやっとステージから飛ぶ。
『ロックの奴隷』

そうだ、私も『ロックの奴隷』だ。
私のSGの弦は錆びて、埃を被っているけれど、間違い無くロックの奴隷だ。
ライブ前に求めていた何かの答え、それが『ロックの奴隷』だ。

手放す事の出来ないスマートフォンの中には、数え切れないロックが詰め込まれている。
昨日も今日も明日も来年も10年後も死ぬまでロックを聴き続けているだろう。

ロックが無ければ、今の自分は存在しない。

そして今日、私のロックのライブラリに、EGOTTAMAN GROUPが追加された。


【追記】

EGOTTAMAN GROUPのギタリスト毒イトー氏の『いいんだぜ』ファンにとってはお馴染みだろう。

この曲については、文字にしたらダメなのは分かってる。でも、書かせて。

世界の神様仏様の誰よりも優しく寛大な許し(赦し)を得られる、こんなにバカバカしい曲は、他に無い。

最高にロック。こんな神様ソング、聴いた事がない。


多分(絶対)ライブでしか聴けないから、みんな、絶対ライブで聴いて!一緒に歌おうよ!



【2017.4.22.HEAVEN青山セットリスト】

Opening S.E. Rainy Day Woman(Bob Dylan)

1.流星

2.デッドフラワーズ

3.転がる石のように(Bob Dylan)

4.赤い大地

5.石畳に咲く花

6.いいんだぜ(中島らも)

7.Starting Over(John Lennon)

8.Feel

9.ビューティフルデイズ

アンコール

1.ロックの奴隷

2.シングルフラワー



アーリーメイ

5月のこのくらいの季節はとても気持ちが良くて好きだ
ビージーズの「若葉の頃」を心のBGMにして日々過ごしております

そんな心踊る週末は
学生時代の後輩ちゃんが結婚式に呼んでくれたので
目一杯祝福してやろうと前日から酒を抜いて万全で南青山へ行ってきたよ

BlogPaint











会場に入ると新郎と新婦のこんなふざけた素敵なポスターが!

BlogPaint











なんかいいよね〜
せっかくだからとことんやっちゃえ的な雰囲気が
オレは好きだよ、こういうの

BlogPaint











ちなみにこのドン・キングみたいなすごい頭になってる新婦が
後輩です
対する新郎はこんなアニキいたらいいな〜って感じのオモロイ人
BlogPaint











知ってる人いないんだろうなと思ってたけど
サークルの後輩二人がいて相変わらずバカで面白かった
さっそく新郎新婦のテーブルでファーストバイトをするバカ二人です

この頃はメイン会場からラウンジ会場へ移動していて
アイリッシュなアコースティックバンドの生演奏の中
オレはフラリフラリと飲み歩いていた

BlogPaint











2次会に移動する前に渋谷のガード下で1.5次会して
もうこの頃から少しずつ記憶があいまいです

やっぱり昼呑みは効くねー

BlogPaint











2次会会場に着いたころにはさらに知ってる顔があったけど
もうほとんど誰と何を話して何をしたのかなんて覚えていない

もはや酒場放浪記です

帰りは同期に渋谷駅まで送ってもらったような気がするが
(渋谷から徒歩10分なのに)
文字通り千鳥足だったのもかすかに思い出してきた

「ホンマお前はメンドクサイわ〜」
と言われたのも今思い出した(笑)

それほど楽しかったってことさ
ありがとよ、親友!


翌日久しぶりに二日酔いで朝8時からボーっとしていたら
ボブ・ディランのチロルチョコセットが届いて少しテンションが上がった

ディランチロルチョコ












二人ともおめでとう!
末永くお幸せに

素敵なパーティーに呼んでくれてありがとう



はじまりの日

先日、姪っ子の1歳の誕生日プレゼントをと
絵本を買いに紀伊国屋に行って偶然見つけてしまった

はじまりの日








ボブ・ディランの「FOREVER YOUNG」という曲をモチーフにした絵本
その名も
「はじまりの日」 ボブ・ディラン作

ポール・ロジャースという人の絵もとても素敵で
買って帰った

Forever youg
’’いつまでも若く’’を”はじまりの日”と訳してるのがなんかいいな

”毎日が新しい君のはじまりの日”

「ぼくはひとりアリゾナ州に行って、そこで息子のことを思いながら『フォーエバー・ヤング』という曲をつくった。べつに作詞作曲をやろうと意気込んだわけ じゃなく、自然に浮かんできて、そのままできあがった。なるべく感傷的にならないようにと、ちょっと努力しただけだ」(ボブ・ディラン)

息子のために歌った曲だったんだ
知らなかった

いつか僕の二人の子供に
この絵本に書いてあることの意味がわかる日がきっと来るかな
そのときになっても俺は歌っているかな

きっと歌っていたい

今夜もディランは歌っている

明日はガビガビ5周年で歌う
ディランを歌おう


ボブ・ディラン日本初ライブハウスツアー決定!!

ディラン













来る来る来る!!!!

しかもZepp Tokyo!!!!

武道館とかアリーナとかじゃなくて!!!!

ちょっと大きいライブハウス!!!!



これは絶対行きたい!!!!


3月21日、23日、24日、25日、26日
Zepp Tokyo
ボブ・ディラン日本初ライブハウスツアー
http://www.sanspo.com/geino/news/091222/gnj0912220506012-n1.htm

アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
リリース情報
玉木"エゴッタマン"洋平
セカンドアルバム
『on the way』
おかげさまで200枚完売致しました!
御礼申し上げます
ライブ情報
2017年1月22日(日)
浜焼太郎経堂店
『エゴッタマン弾き語り』

2017年2月5日(日)
横浜クラブセンセーション
『グレゴリーペイジ来日ライブ』
エゴッタマングループ


ご意見・ご感想
ライブなどのお問い合わせは
egottaman@gmail.com
Twitter ときどきつぶやきます
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ