三宅洋平

選挙振り返る

日本では国政に挑戦するために

比例区では600万
選挙区では300万の

供託金を支払わなければならない

このことは
選挙フェスで三宅氏も

「必死にあつめた」

と語っていた

これ以外に
選挙期間中の活動資金がかかる

やっぱり選挙って金がかかるんだね
俺には無理だわ〜

って思ってたんだけど

ほかの先進国においては
ほとんど無料もしくは高くても10万円くらいで

この額は異常ともいえるみたい
知らんかった。。。

日本の政治が
いかに新規参入を拒んでいるかということが

よーくわかりました

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10201489010207513&set=a.3462567523285.2165590.1243888730&type=1&theater

また選挙制度について

三宅洋平氏は個人で17万6900票を獲得したにも関わらず
当選とはならなかった

彼より得票数の低い当選者は
渡邉美樹や丸山和也をはじめ22名もいる

これは非拘束名簿制という制度を
採用しているからで

政党名と個人名の得票数の合計で
各政党の当選者の人数が決まるうえに

個人名の得票数の多い人から
当選するシステムだからだ

(ややこしいな・・・)

彼が所属する
緑の党が獲得した45万7862票が

かろうじて一人を当選させた社民党の
125万5235票の半分以下だったから

三宅洋平は当選できなかった

http://www.huffingtonpost.jp/2013/07/22/miyakeyouhei_n_3634080.html

この点も彼は
だいたい125万票獲得しないと当選しないと
選挙フェスで訴えていた

東京ドームで
超満員のワンマンライブを一か月やり続けるくらい
とかなんとか言って笑いをとってたな〜(笑)


民意は三宅洋平を支持したにも関わらず
国会に参加できないという現行システムに対する

疑問の声は
もっと大きくていいと思う

ちなみに彼の得票数は
全体のベスト30に入っていた

ただ
彼がここまで票を獲得した背景には

比例区は政党名でも個人名でもいい
ましてや個人名を書けば個人にも政党にも票が入るから

1票が2倍の有効性を持つ

ということを
有権者がよく理解していたからだと思う

それでもまだまだ
知らない人も多かっただろうから

街頭でそういう選挙ルールや
テクニックをもっと教えていってくれることも

必要なんじゃないかと
思った


それなら比例区なんてやめて
全国区でE−んじゃねーか?


このように
選挙に参加すればするほど

知らないことがわかったり
世の中のからくりが見えてきたりするので

どこに入れればいいかわからないとか
興味ないとかじゃなくて

最初は好みの顔でいいから
まずは1票を投じてみて

自分が支持した人が
どういう結果を得たのか

なぜそういう結果になったのか

それを見るだけでも
面白くなってくるし

とても勉強になると思う

AKB総選挙だって
そういうことだろ?

応援する娘がいるからこそ
熱くなれるんじゃないか

そういう気質は
皆持ってるんだよ 

KAZE to HIKARI

いよいよ投票日

三宅洋平氏の動きに
多くの関心が集まりだしている

投票率が
限りなく100%に近づいていますように・・・

これは
日本という国
その国の国民に対して

もうこれ以上
失望したくないとう希望です

 46305_177873455719670_1814785247_n







http://www.kaze-to-hikari.com/2013/07/post-50.html

大げさでもなんでもなく
あと5年10年したら

きっと福島の原発に近いところから
子供たちを中心に

何らかの
症状が出てくるんじゃないかと思う

自分も子を持つ親として
覚悟が必要だと思っている

そこに目を向けない首相でいいのか

軍事オタクが幹事長をやっている自民党でいいのか

憲法9条なんて
本当になくしていいのか

社会全体が
経済自体が

もう変わっていかなくてはいけない

変わらないのは
政治家だけ

気づかないのは
政治家だけ

核を持たなければなめられる
対等な外交ができない

そんな戦争解決しか
知らないような人を
国の代表に選んでいいのか

みんな戦争がしたいだけなんだな

戦争をして
軍需経済を回して

一部の人間が
儲かるシステムだ

日本を取り戻すってことが
戦争をするってことだと

本気で英霊たちに
真正面から言えるのだろうか

空襲や原爆で
苦しみ亡くなっていった方たちに

安部さんは
言えるのか

日本にとって
夏は敗戦の季節

解決策は
戦争でしかないのか

福島は
もはや人体実験の場所か

ビキニ沖の水爆事故のあとに行われた
ロンゲラップ島と同じだ

http://www.asyura2.com/12/genpatu27/msg/342.html

「大丈夫」

その言葉の意味が本当なら
多くの人が言うように

安部さん
国会を福島でやるのだ

国会議員は
家族そろって福島に移住すべきだ

そこで

「大丈夫」だと

証明してくれ


親になっても
選挙に興味のない人がまだまだいる

この平和ボケと鈍感力は
ある意味で素晴らしい

しかしこの平和が
70年前の数百万という犠牲のもとで
作られた

憲法9条のおかげだと
もう一度思い出そう


日本の運命がかかった
夏の参院選

いよいよ投開票日







 

三宅洋平

三宅洋平2











参院選に出馬している
三宅洋平の街頭演説(フェス)に参加してきた

熱い男だ

政治家はみんな
熱い人間だと思うけど

いつから
ズルくなったり
ウソをついたり

するんだろう

きっと
政治の世界に入ったとたんに
価値観が変わってしまうんだろうな

色に染められてしまうんだろうな

この男なら
きっとそんなことにならないんじゃないかと

ブレない男
三宅洋平に

期待してみたいと思ったんだよ

三宅洋平1











蒸し暑い新宿の空に
熱い声が響き渡りました

全国比例なので
個人名でも投票できるそうだよ

三宅洋平


とにかく
今回の選挙は

投票率と票割れに期待してる

責任は国民一人一人にあるんだという
自覚をしっかり持って

投票すべきだと思う

当日予定がある人は
事前投票に行こう

興味がないとか言うまえに
自民党の改憲草案読んでみよう

「ヤヴァっ!」
ってなるから(笑)

今回の参院選に
投票に行かない人とは

俺はもう
今後付き合えないかも知れない(笑)


もっかい
リンクを貼り付けておくからね

これが実現したら
とんでもない国になるから
是非読んでみて♪

おおげさに言うのなら
国民の自由なんて
ないも同然だよ

政治家がやりやすいようにするための
憲法なんだって

小学生が読んでも
きっとわかるよ

多くの改憲派から
圧倒的に反対されて

安部さんはこの草案をひっこめて
今回の選挙を闘うことにしたんだよ

自民党の選挙サイトの
8番目に『憲法』って項目で謳ってるけど

なぜかそこからは
この草案リンクに辿りつけないように
なっているんだよ

その意味は
誰にでもわかる

国民に読ませたくない
憲法だってこと

しかも
現行憲法は公布日から半年後に施行なんだけど

この憲法は公布日=施行日だからね

国民に読ませる時間も
与えずに

即実行に移すことができるんだよ
危ないよ

自民党という独裁国家が
出来上がろうとしているよ

原発事故を起こしたのは
たまたま総理大臣だった民主党の菅さんだと

勘違いしている人や報道が多いけど

原発を日本に作ったのは
中曽根さんで自民党だよ

テレビが言ってることがすべてじゃないよ

福島の吉田元所長が亡くなって
英雄報道が多いけど

テレビは

原発からの放射能の影響を
全否定する国家を発言を

ひとまずやり過ごしている

2008年に調査結果が出ているにも関わらず
津波対策を完全拒否したのは
かつて本店で吉田さんが部長をしていた
立地本部原子力設備管理部だという事実を

あまり伝えていない

亡くなった人を
悪く言うつもりはないけれど

吉田元所長は

あの事故を起こした
張本人とも言えるよね

自民党が第1政党になることは
ほぼ確実だろうけど

とにかく議席を分散させて
国会でもっと議論をさせるんだ

国民一人一人の声を
本当の意味で伝えてもらうんだ

じゃないと
取り返しのつかないことに
なってしまうよ


自由民主党改憲草案
http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-109.pdf



アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
リリース情報
EGOTTAMAN GROUP
1st Album
『EGOTTAMAN GROUP』(DRLR-001)
\2000+TAX
ライブ会場、タワレコ、アマゾン等
オンラインショップで発売中!
ライブ情報
2018年9月8日(土)
山梨Northland Camper's Village
エゴッタマングループ
SHIME他

2018年9月29日(土)
横浜THE CLUB SENSATION
タマ・ペティ&ブロークンハーツ
KEIKO WALKER BAND

2018年12月15日(土)
渋谷テラプレーンブルース
エゴッタマングループ
錆びたアレ


ご意見・ご感想
ライブなどのお問い合わせは
egottaman@gmail.com
Twitter ときどきつぶやきます
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ