小野田自然塾

靖国神社の空の下

3月11日
東日本大震災から3年がたったこの日

IMG_6428











俺は朝から靖国神社にいた

オーストラリアのドキュメンタリー映画の制作スタッフから
小野田自然塾についてインタビューさせて欲しいとオファーがあり

インタビューに指定された場所が
靖国神社だったからだ

多くの日本人にとって
特別な感情を持つこの場所で

よりによって3月11日に
小野田自然塾について取材を受けるというのは

なんだかとても
プレッシャーを感じて緊張していた

IMG_6431











インタビュアーは
ルバング島出身でオーストラリア在住の
ミアさん

小学校の頃
親から小野田さんがかつて自分の島で暮らしていた
ということを聞かされて以来

ずっと小野田さんのことを
調べてきて

今回の映画制作に至ったようです

なぜ自分がこのインタビューを
受けさせていただくことになったかというと・・・

このブログがきっかけなんです!
『小野田自然塾の思い出』
http://egottaman.doorblog.jp/archives/51503155.html

きっかけってどこに転がっているか
わからないね(笑)

インタビューと撮影は
2時間近くに渡りました

とても難しい質問もあったんだけど
自分なりに言葉を選んで
答えさせていただいたつもりです

でも本当に
難しいインタビューだった

日本語と英語の言語習慣の違い
コミュニケーション習慣の違いを

改めて実感することができて
とても勉強になった

小野田さんの生還や
ルバング島でのこと

戦争や戦後の日本社会のこと
それらは
とても難しい問題だから

日本語特有の曖昧さを出して
話そうとすると

すぐにNGが出ました
それはとても貴重な経験となったと思う

「まずYesかNoかあなたの考えを示して
その理由を述べるようにしてください」

アタマではわかっていることでも
普段そういう訓練をしていないと

なかなかできないね

でも最後のほうには
スタッフから親指を立てて「グー」のサインを
頂きました(笑)


最後はインタビューというよりも
ミアさんとの対話という感じになってきて

素直に自分の感じることを
話すことが出来たんじゃないかと思います

お互いに歴史を学ぶことで
戦争や小野田さんのような被害者を二度と生まない

そんな社会にすることが必要だと
最後は共通の意見・見解・思いが重なり合っていったよ

最高のジャムセッションになっていたら
いいな

日本で公開されるような作品ではないようですが
映像が完成したら送ってくれるみたい

IMG_6434






このような貴重な体験と
ご縁を頂いたことに

心から感謝します

19











オーストラリア在住のインタビュアー・ミアさんがくれた
お土産

クラップスティック

最初Clap StickをChop Stickと読み間違えて
アボリジニーはこんなぶっとい箸で食事するのか〜と

大きな勘違いをして感動していました(笑)

火の〜用心〜のアレみたいな
いい音が鳴ります♪





 

あとがき〜小野田自然塾の思い出〜

【夏休み特集】小野田自然塾の思い出

楽しんでいただけたでしょうか?


連載当初はまさか10回も続くとは思ってませんでした
(長期連載した漫画家がよく言うセリフ)


連載途中の弾き語りライブのMCでこのことに触れたら
会場にいる何人かの人が「読んでるー」と言ってくれて
意外(笑)でうれしかった

無事名古屋に戻り
迎えてくれた母は一言こう言いました

「やつれたわねー」

そして帰りにスーパーに寄って
(僕はダッシュでトイレに直行し)
晩御飯に僕にだけうな丼を出してくれました

あのときのうなぎとアツアツのご飯の美味しさを
僕は今でも忘れません

そして毎日当たり前のように出てくる母の料理が
いかに美味しいかということを実感したあの日を

僕は今でも忘れていません

清潔で明るい水洗トイレがあるということにも
心から感謝しました


「当たり前のことに感謝する」
ということを母は教えたかったのかも知れません


先日終戦記念のドラマでたしかこんなセリフがありました

「便利とは人を怠け者にする」

今の世の中は本当に便利ですね
それが当たり前になって
人は頭と体をどんどん使わなくなっている


時には「不便」な経験をしておくことも
大切な時かも知れませんね


「かわいい子には旅をさせろ」と言いますが
親も子もそれぞれの大切さを実感するには
時に離れることが必要なんだと思います


現代の教育方針は
ちょっと過保護なのかも知れません


子供は小さい冒険を繰り返して経験を積んでいきます
子供時代に冒険を経験してこないから
大人になってからおかしなことをしたり
ケガをしたことがないから
何が危険か分からなかったり
殴ったことも殴られたこともないから
人の痛みが分からなかったり

道に迷ったことがないから
軌道修正する方法を知らず
すぐに挫折してあきらめてしまうんだと思います

子供の世界に大人が入り込みすぎているのかも知れません
子供は子供でちゃんと考えて社会とルールを形成しているんです

明らかに間違った方向に行きそうになったときだけ
大人がちょっと舵を取ってあげればいいんです

子供に冒険させてあげる(自由にやらせてみる)
「親の勇気」を問われている時代ではないかと思います


小野田自然塾では
自分で考えて行動するということを教わったのだと思います



小野田さんについて

馴れ馴れしく小野田さんなんて呼ばせていただいてますが
僕のことなんて覚えてないだろうな〜
僕が参加した年は
小野田自然塾が開講して2年目だったようです

スタッフはみんな厳しい印象が強いのですが
小野田さんは物静かで穏やかなおじいちゃんという印象が残ってます

ときどき眼光だけは鋭かったけど

僕は何故か小野田さんをひと目見たときから
大好きになりました

「なんだろうあの人の雰囲気は」
と小学生ながら思いました


一番小野田さんに近づけたのは
文中にも出てくる北斗七星を教えてくれたときと
一人ひとり記念写真を撮るときだったのですが

小野田さん本人から出ている温かくやさしいオーラに
クソをガマンしてることも忘れたくらいです(笑)

肩にそっと手をおいてくれたときに感じた
とてつもなく広く深い愛情を忘れません

今では親子で参加できるそうなので
もし機会があったら参加してみたいと思ってます

もう一度小野田さんにお会いしてみたいですね
説教されてしまうかな


小野田自然塾の思い出は
僕の人格と価値観の形成に大きな影響を与えています

そして
とても大切な思い出です












【夏休み特集】小野田自然塾の思い出10《最終回》

孤軍奮闘
決死の耐久レース

オレは肛門の完全封鎖を心に誓い
このキャンプを乗り切ることにした

小野田さんは生死の境で
自分の頭が何倍にも膨れ上がるような錯覚を体験し
そのあと猛烈な悪寒のあとに
自分の能力が人を超えたと語っていた
(何百メートルも先の人の動きが手に取るように分かり銃弾も避けられるようになったという)

オレはこのとき常に悪寒に襲われていたが
どうやら超人にはなれなかった

そして3日目
この日はフィールド内でのサバイバルゲーム

フィールドのいたるところに隠された食材を探し出し
それをもとに自炊をする

やきそば
カレーのルー

豚肉
キャベツ
もやし
なべ
まな板
包丁


食材はもちろん、道具までもがいろいろなところに隠されている

オレはカレーのルーを発見し
リーダーから誉められた

大手柄だ

しかし
あまり誉められて気を緩めると
肛門がやばい


これまでの経験を経て
みんな少しずつたくましくなっている

具が重複した班を見つけて物々交換したりする
生きるための交渉術を身につけていた

そしてなんとか材料を調達して
ありあわせで試行錯誤しながら調理する


そうして出来上がったカレーは
なんとも言えないくらいに美味かった

みんな和気アイアイと最後の夜を過ごした
戦いを終えた仲間だけが共有する思いがそこにはあった


しかしオレはまだ独り闘っていた


気を抜けばすぐに肛門は決壊するだろう
満身創痍だ

思えばメシがまずかったことも幸いした
あれで美味いメシをガツガツ食っていたら
今頃オレの肛門はとうに使命を放棄して投降していただろう


あと1晩
明日は帰還だ

仲間から少し離れて
屁をこいておこうと思った


・・・・・


無理だった

そんなことをしたら
今度こそ実弾が発射されてしまう

禁断の爆弾だ


ふと夜空を見上げた

満点の星空に
オレは生まれて初めて流星を見た


「もちますように」


流れていく星にそう願いを込めた



おわり



最後までご愛読いただいた皆様、有難うございました!
エゴッタマンはただいまソロ音源のレコーディングに突入しております。
秋(年内?年明け??)にはお届けできるよう頑張りますので、そちらも応援宜しくお願い致します。






【夏休み特集】小野田自然塾の思い出9

トイレに向かった俺は絶句した

キャンプ場の片隅にぽつんとある公衆トイレは
いわゆる「ぼっとん便所」

電気もなく昼間でも真っ暗で
便器の穴は地獄まで届きそうなほど暗く深い

あまりにも恐ろしく
こんなところで用を足したら
暗黒のブラックホールに吸い込まれるんじゃないかと
オレの便意は一時退散した

「みんなあそこでしてんのか・・・すげーな」

そんなことを思いながらメンバーの元に戻った

それからは大変だった
便意はたいてい全員が集合してるような場合に訪れる

オレは決死の思いで
ひとり自分の肛門と闘っていた

まさに孤軍奮闘
ルバング島の小野田さんと同じだ

「この戦いはいつ終わるのだろう・・・」

もうスタッフの説明も指示も頭に入ってこない
数分間続いたビッグウェーブがやっと去り

ふーっと一息ついたその瞬間


プーっ

・・・・・

オレがこいた屁は
再び沈黙の中に響き渡った


つづく

【夏休み特集】小野田自然塾の思い出8

結果的にブーやんに足を引っ張られたフィールドアスレチックも無事終わり
その日の夜

まずい夕食を食べながら
また母の味が恋しくなる

夜もおにぎりでいいのに・・・

この夜台風が近づいていて
少しずつ風が強くなってきていた

テントに戻り眠ろうとするが
風でバタバタ暴れるテント

ちびっこは不安で眠れない

テントの中で小さな体を寄せ合い
必死に励ましあう

それでも昼間の疲労もあり
徐々に睡魔が襲ってくる

うとうと眠りかけた頃
すごい音とともに
「大変だー!」
という声が聞こえてくる

みんなびっくりして飛び起きてテントから出る

風はさらに強くなっていて
雨は横から吹き付けてくる

何事かと思うと
なんと隣のテントが飛ばされて
土台の板ばりだけになっていた

えらいこっちゃ!

みんなで手分けをして必死に復旧する
このときばかりはさすがにスタッフも手伝ってくれた

風にあおられ
雨でびしょ濡れになりながら
なんとかテントを元通りにした

ところが復旧したテントの室内をチェックしたスタッフが驚愕の声を上げた

なんとこの騒ぎの中
小学校2年生のメンバーが一人
ぐっすりと眠っていたのだ!

屋根飛んでたじゃんか!
雨ガンガン降ってたじゃんか!!
でら(※)大騒ぎだったじゃんか!!!

なんという図太さか!
あっぱれである

しかも翌日彼は何事もなかったかのように
(実際何があったか知らないわけだけど)
涼しい顔で朝食を食べていた

そしてメンバーはもちろん
スタッフからも一目置かれる存在となった

そんな彼を見つめながら
オレの横でかーくんが
「えらいなぁ〜」と
意味不明なことをのんびりと言った

「えらい」じゃなくて「すごい」だろ
(かーくんは指にささくれができると親孝行だと信じていた親不孝者だ)

次の瞬間
オレは便意を催し
そういえばキャンプに来て丸2日間クソをしていないことに気づき
トイレへ向かった

キャンプは残り2日
このときから新たな悲劇がオレを襲うことになる


つづく


※名古屋弁で「すごく」の意味
青春時代にお世話になった雑誌「デラべっぴん」のデラは関係ありません
アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
リリース情報
EGOTTAMAN GROUP
1st Album
『EGOTTAMAN GROUP』(DRLR-001)
\2000+TAX
ライブ会場、タワレコ、アマゾン等
オンラインショップで発売中!
ライブ情報
2018年9月8日(土)
山梨Northland Camper's Village
エゴッタマングループ
SHIME他

2018年9月29日(土)
横浜THE CLUB SENSATION
タマ・ペティ&ブロークンハーツ
KEIKO WALKER BAND

2018年12月15日(土)
渋谷テラプレーンブルース
エゴッタマングループ
錆びたアレ


ご意見・ご感想
ライブなどのお問い合わせは
egottaman@gmail.com
Twitter ときどきつぶやきます
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ