夏の終わりに

旅に出ていました
娘二人連れて

誰も知らないところへ
行ったことないところへ

JHLHeYq_KkIhx_x6WHrJRhPUhEDoKKfPN2e6Urcijec











終着駅を求めて

TTFK16WgmJO-GdR54CkZE7N6sPAIz5eqbSHRXo4pxts











キハを求めて

bMzIKFFl6ovPIFPjSsegyxRKoPonTsOoDzEUhiy1VKE











日帰り(笑)

45FlcWQSvdnca6fgVfLUpbgVISP6hICB78JDYbVyDDA











笑・・・

9ZtpY_j8SQIN_uIDYoqB6W3krMJ95SXPBRiMLDgbTag











夏の残り香が
まだ残る

千葉・小湊鉄道

TTFK16WgmJO-GdR54CkZE7N6sPAIz5eqbSHRXo4pxts











夏草の匂いに混ざって
鉄の匂いも・・・(笑)

30E0wjJu4-mfR9p41u_cAJcHoC9JhR53lAKqnQY1-9U











フリー切符を買って

maEoBu6l8Ar0fLpRVM8Fq_ofOJB5nP8tZmvMMkcBfRg











いざ出発!


8ywdQ6zM3yG4ei9IiGeckE_OoV7yxh9p8Xp_FAy0LVw












線路は続くよ
どこまでも

d3N6l7oXgHpuOFdvrkkLGK-zOeoWAdCTI3EAUcWwjVE











まずは関東の駅百選にも
選ばれている

「上総鶴舞駅」で
途中下車

bZxaOiIqX9bW61lvRnpzTVkBdj44HAPjYCiD_WzYkfY











東京から1時間とは思えない

995496_473756679386570_1593413683_n





この風景

1240477_473756719386566_554315211_n





錆びた鉄の道

大地に沈む
線路

MZm0IRUOBZOK7NMFFk9BDSkzwAAacr9fO_f9-OEfxmY











ホームから降りて
歩いちゃう(笑)

1qYZ1RubUA34kTlQDzNC9b3g_e9tVT636nYPFV1PgPI











続いて途中下車した駅は



CdG9Ufn1K6IEULTmOPb1ck-tK2Zy41X_TpZwTCbyiJc











「養老渓谷駅」

AemIlgp5nXA0ZCjoTs5glQt08a3tJmgqcki_c-1Cqg8











ホームに足湯があったので
ゆっくり浸かる

l3uCiOsjGHYwdvZWQcyEOp2eUGkBOiYqFWwqj1_kWrc
 










ちょっと歩くと
絶景が

RNC5DlIYHu65n0a2oAtUTcOETCi3YOK5AlsOwA1H-QI











次の汽車までは
約1時間半

2O409YUGrrbQMxiBm1o9ZgqsdpuFIc0IqyifKeAgo4A











駅前の売店で
かき氷を買って食べよう

セミの声しか聞こえなくなった

tiArpzcP5XCsfqZfgpNV8qh-32HhqtOmZAHAaL_GzXw











そしていよいよ終着駅

rz7lwSexB2QHxlrjtiKlCL8vP2gPIBJeGJeAvnsHp04











旅もいよいよ
終わりです

TfqBR3Lpeo7iGUMkdrKYJKYtFzA1oKORWE4L_OuHGkg











やっぱりキハには
オレンジとクリームの2トーンカラーが

良く似合う

qqCj-dIHh8M_qtOPObHnvSPTeYwynkdbd-LOqhMGspU











次はどこへ行こうか

鉄の道が続いていく限り

旅の楽しみは
まだまだ続く
 

ローカル線に乗って

天竜浜名湖鉄道という
ローカル線に

乗ってきました


天浜1











かつては
国鉄二俣線という名前だった
この路線

戦争期に
メインの輸送手段だった
東海道線が攻撃された場合の

迂回路として
作られたと記憶しています

自分が浜松に住んでいた
幼少期

線路はあるのに
いっこうに現れないその姿に

憧れを募らせていました

1時間に1本のその電車に
やっと乗ることができたのは

今の長女と同じ
5歳のころ

母にせがんで
乗せてもらった記憶は
鮮明に残っています

天浜5











都会の電車では味わえない風景と
汽動車のエンジン音と揺れ

今はもう
当時活躍していた

キハ20ではないのが
非常に残念だけど

長女が

「パンタグラフがない!」

って感動していました

天浜3











素晴らしい景色が続きます

天浜4











風景の中に線路が溶け込んでいる

主役がいない
線路だけの風景を眺めながら

あと少し
あと少しと

母を説得しながら

線路脇で
主役の登場を待ち望んでいた

5歳の自分に
会えた気がします

天浜6











ほとんどの駅や
周辺施設が

重要文化財となっているのも
この鉄道の特徴

どうか合理化の波を
すり抜けて

いつまでも
走り続けてほしいものです

掛川から天竜川を渡って
フルーツパークまで

1時間の旅でしたが
都会ではすぐに飽きてしまう子供たちも

とても楽しんでいたようで

あっという間だったようです
不思議だね

天浜2






 

二人旅

ゴールデンウィークは

水疱瘡の下の娘が出禁だったので
留守番を妻に任せて
上の娘と二人で旅に出かけた

親はなくとも子は育つというが
意外としっかりしていて

途中電車に飽きて少しグズったけど
1泊2日

特に問題なく無事に行って帰ってきた

こいのぼり












二人でゆったりのんびり
いろいろ電車を乗り継いで小田原までの小旅行

もうすぐ3歳ともなると
広場のアスレチックな遊具でもある程度遊べるし
芝生からダンボールでびゅーっとか滑ったりして
娘はもちろん大人も一緒に楽しんで来た

現地で娘の友達と合流したので
それからはもうほとんど友達ママさんにお任せで

オレは芝生に寝転がって
ひたすらビールを呑んでおりました


岸根公園












目一杯遊んで
クタクタになって
帰りの電車でぐっすり眠って
家に着く頃には元気に「ただいまー!」って言ってたな



アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
リリース情報
EGOTTAMAN GROUP
1st Album
『EGOTTAMAN GROUP』(DRLR-001)
\2000+TAX
ライブ会場、タワレコ、アマゾン等
オンラインショップで発売中!
ライブ情報
2018年9月8日(土)
山梨Northland Camper's Village
エゴッタマングループ
SHIME他

2018年9月29日(土)
横浜THE CLUB SENSATION
タマ・ペティ&ブロークンハーツ
KEIKO WALKER BAND

2018年12月15日(土)
渋谷テラプレーンブルース
エゴッタマングループ
錆びたアレ


ご意見・ご感想
ライブなどのお問い合わせは
egottaman@gmail.com
Twitter ときどきつぶやきます
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ