玉木洋平

祝・全国発売

本日5月1日
エゴッタマングループの1stアルバムが全国発売となりました♪

タワーレコードオンライン
http://tower.jp/item/4468225/EGOTTAMAN-GROUP

Amazon
https://www.amazon.co.jp/EGOTTAMAN-GROUP/dp/B06XHJFJC9%3FSubscriptionId%3DAKIAIHQZTXT4T5YYPGRQ%26tag%3Dlivehousecom-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB06XHJFJC9

TSUTAYAオンライン
http://shop.tsutaya.co.jp/cd/product/4525118067722/

などなど
各オンラインショップならびに店頭にてお求めいただけます
(ただし店頭でのお求めは取り寄せになります)

そして先日4月22日のレコ発ライブ東京会場の模様を
平田愛さんにレポートして頂きました

当日お越しになれなかった皆さまに
雰囲気が伝わればと思います

ご一読ください♪


=エゴッタマン・グループレコ発レビュー=
2017年4月22日(土) HEAVEN青山 文と写真:平田愛

18118974_1824943467767328_5888646717921474958_n






2017年4月22日、雨の外苑前。
私にとって、外苑前は特別な場所。
東京で年に1度、お囃子を聴きながら郡上踊りが踊れる大切な場所。

故郷の匂いや味や音を楽しめる場所なのだ。


でも今日は、ロックを求めて来た。
ロックを聴きに、外苑前のHEAVEN青山へと来た。
ギターの音とドラムとベース、お酒と何かを求めて。
その何かが分からなくても、きっとロックが教えてくれる事だけは分かっている。


昨年6月クローフィッシュ赤坂で玉木洋平君の声に痺れてしまって以来、彼の歌声に会いに来たのは、

今日が彼のバンドEGOTTAMAN GROUPの1stアルバム発売記念のライブだからだ。


EGOTTAMAN GROUPのライブは初見だ。でも、ペンとメモとビールを手に期待しかない。

DJKUME氏が作り出すBGMに、期待が安心に変わっていく。


Bob Dyranの『雨の日の女』が掛かった瞬間に、時計を見なくてもここからが今日の始まりだとわかった。
昔からのEGOTTAMAN GROUPファンみたいな気分になった。

セットリスト、必要かな?いらないね?
レビューにセットリストを載せるのは、文字数稼ぎが必要だからだ(極論)。

私がセットリストまで書いてると、文字数が多過ぎて誰も読んでくれなくなるから。それは困る。


ゲストとして演奏した高木栄一郎氏が、

「EGOTTAMAN GROUPの『流星』という曲を初めて聴いた時、俺の曲だ!と思った」

とMCで語り会場の笑いを誘っていたその曲からのスタート。


こんなに懐かしくて哀愁が漂うのに、愛が溢れるロック。これは、誰もが自分の曲だ!って思うかもしれない。初っ端から鼻の奥がツンとしてしまう。


もしもEGOTTAMAN GROUPのアルバムを手に入れたら、メロディは勿論、歌詞をしっかりと感じて欲しい。

美しい日本語が散りばめられている。花や風や信じる事や歌や生や夢が、存在する。

セックス・ドラッグ・ロックンロール。
ロックが如何わしい魅力で、若者を魅了していた時代があった。
だけど、若者達は分かっていた。
ロックが如何わしいんじゃない。
ロックを如何わしいと感じる大人が如何わしいんだ。
僕達は、そんな如何わしい大人にならない。
その反抗と覚悟達が、ロックをもっともっと魅力あるものにした。
そのロックが、此処にある。
この瞬間に、そのロックを感じる。


EGOTTAMAN GROUPは、そのロックを感じさせてくれる。
そのロックじゃなきゃダメなんだって事を思い出させてくれる。


あっという間の60分。
揺れる。歌う。笑う。歌う。
アンコールになって、ずっと気になっていたタイトルがやっとステージから飛ぶ。
『ロックの奴隷』

そうだ、私も『ロックの奴隷』だ。
私のSGの弦は錆びて、埃を被っているけれど、間違い無くロックの奴隷だ。
ライブ前に求めていた何かの答え、それが『ロックの奴隷』だ。

手放す事の出来ないスマートフォンの中には、数え切れないロックが詰め込まれている。
昨日も今日も明日も来年も10年後も死ぬまでロックを聴き続けているだろう。

ロックが無ければ、今の自分は存在しない。

そして今日、私のロックのライブラリに、EGOTTAMAN GROUPが追加された。


【追記】

EGOTTAMAN GROUPのギタリスト毒イトー氏の『いいんだぜ』ファンにとってはお馴染みだろう。

この曲については、文字にしたらダメなのは分かってる。でも、書かせて。

世界の神様仏様の誰よりも優しく寛大な許し(赦し)を得られる、こんなにバカバカしい曲は、他に無い。

最高にロック。こんな神様ソング、聴いた事がない。


多分(絶対)ライブでしか聴けないから、みんな、絶対ライブで聴いて!一緒に歌おうよ!



【2017.4.22.HEAVEN青山セットリスト】

Opening S.E. Rainy Day Woman(Bob Dylan)

1.流星

2.デッドフラワーズ

3.転がる石のように(Bob Dylan)

4.赤い大地

5.石畳に咲く花

6.いいんだぜ(中島らも)

7.Starting Over(John Lennon)

8.Feel

9.ビューティフルデイズ

アンコール

1.ロックの奴隷

2.シングルフラワー



レコ発デス!!

エゴッタマングループが4月にアルバムを発売します

2011年の始動から丸6年
長かった・・・笑

全8曲入りトータルタイム33分のコンパクトなアルバムですが
聴きごたえは十分な仕上がりになりつつあります

昨年11月末から16時間かけて行われた
メンバーすべてのレコーディング作業を終えて
ただいまミックスダウンの真っ最中

ONE HEART MUSICエンジニアの二宮さんと
日々やりとりをしながらブラッシュアップしております

ベーシックとなるトラックはほぼ一発録音したので
バンドならではの生っぽいところは残しつつ
デジタルの良さも生かしつつ

そんな音になってきているのではないかと思います
是非期待して待っていて下さい♪

エゴッタマングループ1stアルバム
『EGOTTAMAN GROUP』(¥2160税込・DRLR-001)
【収録曲】
1.ビューティフルデイズ 2.赤い大地 3.流星(10years after version) 4.ロックの奴隷
5.シングルフラワー 6.デッドフラワーズ 7.石畳に咲く花 8.Feel

≪レコ発記念ライブ≫
2017年4月9日(日)横浜THE CLUB SENSATION 『Rockin' Raw Music Vol.11』
2017年4月22日(土)HEAVEN青山 ゲスト:高木栄一郎
2017年4月26日(水)新宿SOUL KITCHEN
2017年5月13日(土)吉祥寺曼荼羅 『忌野清志郎追悼イベント』に出演


風に吹かれて

風に吹かれて

多くの無意味な犠牲を生む
争いがなくなりますように



オータムエレジー

秋はセンチメンタルな季節

2つ持っていた携帯のうち
1つを

2か月放置してみたけど
メールが1通来ただけだったので
解約しました

090の8858で始まる番号を登録している方で
今後も僕と連絡を希望される方は

下記までDMください
今の連絡先をお教えします(笑)

egottaman@gmail.com

社会人になってから
ずっと使い続けてきた番号なんで

ちょっとサミシイね
オータムエレジー


なんか携帯ウザいなって思って
メイン携帯すら不携帯で
六角橋の闇市に出かけました

とくになんの問題も
なかったね(笑)

ひとつ問題があったと言えば
写メがないくらい(爆)

写真がないブログって
ホント面白くないでしょ?

それは
結構な問題だろうけど

文章でカバーしてみよう!
そうしよう!

携帯持ってると
ついついフェイスブックとか覗いてしまって
イカンね

しかも最近
フェイスブックのタイムラインが
ごちゃごちゃしていて

すでに閲覧した記事が
誰かがイイねしたりコメントしたりすると

また現れてきたり

結局
自分のタイムラインに上がっている記事は
閲覧済みの投稿ばっかりになって

全然新しい記事が
上がってこないという

非常につまらない状況に
イチイチ腹を立てるのも悔しいし

あまりに無意味なので

携帯を不携帯にして
世間と自分を切り離してみた

考えてみれば
携帯を不携帯するくらいで

世間との関係を遮断できるという
考え自体が

もはや何かの病気なんジャマイカと
思ってしまうのだけれど

紛れもなく
自分も含め今の日本には
重度の携帯依存症患者は
うじゃうじゃいるだろうし

この間なんて
音楽聴きながらスマホを眺めつつ
自転車に乗る(しかも公道を走る)という

ボリショイサーカスの熊さん並みに
ハイレベルな曲芸野郎(女子)がいたことは

記憶に新しい

しかし
時間に追われ
利便性とスピードを常に追い求める
現代社会においては

同時に2つ以上のことを
こなしながら生活や仕事をするというのは

もはや当然のことのように思える

かくいう自分も


なでしこジャパンの試合を観戦しながら
自分のサンプル音源を焼きつつ
このブログを書いている

3つのことを
同時にこなすアンドロイドだ

027





イメージ画像


さて
前置きが長くなったが

(前置きだったのか・・・)

今週からいよいよ
レコ発手売りサーキットがスタートする

スタートするって言っても
今月のライブを終えると
次はひと月後なのだけどね

自分は仕事をしながら
子育てをしつつ
歌を歌うという

働く子持ちロッカーなので
なかなかカンタンにスケジュールが
確保できないのだよ

知ってるよね♪

3つのワラジは
楽ではないかもしれないけれど

その分

ひとつひとつのライブは
しっかりと集中して

自分の音と向き合い
来てくれるお客さんとキャッチボールができるよう

ネットでのバーチャルなつながりに
安心したり不安になったりするより

リアルに音と音で会話をしたいね♪

どうぞ
よろしく!

2013年9月25日(水)
新宿Soul Kitchen
『水曜オオカミVol.5』
開場19:00
開演19:30
¥1000+Drink
【出演】
LOW(THE VOLTS)
小松美佳
高山怜也
玉木エゴッタマン洋平
(Vo.G.エゴッタマン、G.毒イトー、マンドリン.よねっちfromトゥクトゥク・スキップ)

出演は21時〜を予定しています

http://soulkitchen.sadist.jp/index.html

IMG_4977








セカンドミニアルバム
『on the way』発売開始
(初回限定紙ジャケ仕様)

ファーストアルバム
『For Life』再発開始
(通常盤)

どちらも
nice price ¥500デス!!

 

自分を裏切らない、ということ

先日
自分のブログを読み返してみた

(ヒマ人かよっ!)

最近少しずつ
アクセス数も増えてきたし

(年内10万アクセス目指してますっ)


まあどうでもいいような戯言はいいとして

子どもたちのことや
社会的なことや
やっぱりどうでもいいような
戯言も含めて

読み返してみた

「あの時」の自分は
「今」の自分に何を教えてくれるんだい?
って思って

振り返りって
ヤツですよ

まさしくそれこそが
日記本来の役割

それで
あることに気が付いたんだけど

震災以降
自分の意見や考えは
一貫しているということ

(当たり前かっ!!)

いや
でもこれ

考えてみたら
けっこースゴイよ

(自分で言っちゃう人・・・)

だってさ
これだけ価値観が日々変わる時代なのに

揺れて当然だよね

現実の自分も
本当はすごく揺れてる

昨日と今日
今日と明日で

価値観なんて全然変わってたりするし
熱くなって叩かれて反省して
またやり直して

悩まない日なんてないし
落ち込まない日なんてないし

その原因の多くは

理想と現実の壁や
自分と他人の感覚のギャップだったり
目に見えない距離感だったり


みぞおちのところが
グワーってわけの分からないモヤモヤの塊で
押し潰されそうになって

足の親指の付け根に
激痛が走って

「痛風か!?」

って思ったら医者に

「違う!」

って言われたけど


ちょっとでも気を抜いたらさ
夕暮れ時の駅のホームで泣いてしまいそうだよ

そんな
レーザーカラオケの失恋ソングに出てくる
主演女優みたいなビミョーなこと

30半ばのオッサンが出来っこないでしょ?
きっと逮捕されると思う

ロケ地・関内


でも
根っこの部分というか
自分を支えてる部分の

意見や考えは
ずっと変わってなかった

人にどういう風に
伝わってるかは

分からないけどね

自分が書いた文章だから
行間まで読めてしまうから

それは読者の方には
伝わらない部分や
誤解を招いている部分もあるとは思うんだけど

仕方ないと思えるように
なってきたし

言葉はどれほど費やしても
足りない

伝わらないと
心は痛むけどさ

少なくとも
自分が読んだ
自分の文章と
この2年半の自分は

変わらない心のベクトルで突き進んでいるんだと思ったら
嬉しくなったんだ

そのおかげで

ここ最近の素晴らしい人との出会いや
経験に繋がっているって思ったら

自分が重ねてきた思いや感情が
そうやって出来た自分の人格が

お金では絶対に買えることはない

必然とも言える
人との出会いや縁を運んでくれるのだとしたら


(そんな風に思った途端に
すべてが消えてなくなってしまいそうで
怖いんだけど)


素直に

そこだけは

少し自分を褒めてやりたいなと

思ったんだよ

自分を裏切らないってことは
カンタンなようで

実はとても難しいことだからさ

人を裏切るより
とてもカンタンに

自分のことは裏切ってしまうからね

これまできっと
何度も

自分を裏切ってきた

on the way

だけど
これからは

何度つまづいても
何度立ち止まっても

ときには振り返っても

不安や恐れを手放せることは
この先きっとないだろうけれど

いつかこの道に
間違いはなかったと
言えるその日まで

自分の道を信じて
歩いていきたい

そんな思いを込めた
新作がこちらデス

なんと宣伝!!!!


IMG_4949








『on the way』(TMK-002)
¥500(税込)
初回限定紙ジャケ仕様はお早目に☆

2013年9月25日(水)
新宿ソウルキッチンでのライブから

販売スタートです

街角ですれ違った際も
手元にあれば販売します♪
 
アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
リリース情報
玉木"エゴッタマン"洋平
セカンドアルバム
『on the way』
おかげさまで200枚完売致しました!
御礼申し上げます
ライブ情報
2017年1月22日(日)
浜焼太郎経堂店
『エゴッタマン弾き語り』

2017年2月5日(日)
横浜クラブセンセーション
『グレゴリーペイジ来日ライブ』
エゴッタマングループ


ご意見・ご感想
ライブなどのお問い合わせは
egottaman@gmail.com
Twitter ときどきつぶやきます
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ