情熱大陸って番組が結構好きでよく見る

昨日はミュージシャン・岡林信康だった



なんだろうな

自然体で

目の奥はすごく輝いていて

自分の信じる音楽をやってる


「フォークの神様なんて言われて相当辛かったんだろう」

とコメントした泉谷しげるの言うとおり

苦労されたんだろうな

音楽から離れて京都の山奥に隠居したり

純粋でまっすぐな人だから

耐えられないことがきっとたくさんあっただろう


「私たちの望むものは」
「それで自由になったのかい」
「自由への旅」

など「自由」をテーマにした楽曲が多かった

そして今

自身が考える自由というのは

「糸で繋がれた凧」だという


若いころはその糸を切ろうと

もっと高く

もっと好き勝手に

飛べると信じていたけれど

それで

何度も落っこちて

そのたびにまた飛んで

その繰り返し


今は

糸があるからこそ

糸に繋がれているからこそ

自由に飛びまわれるんだと


そう言ってた


ちょっとそれるかも知れないけど

中学時代

好き勝手やってたオレたちに

先生が言ってくれた言葉

「自由の裏側に責任がある」


人それぞれに「糸」がある

今のオレにとっての「糸」は

オレのことを待っていてくれる人